使われる「文書管理システム」を選ぶには?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗できないアナタを応援します IT製品選び方ガイド

使われる「文書管理システム」を選ぶには?

2010/05/10


 文書管理システムを導入する際にユーザ企業が重視するポイントとして、エンドユーザの使い勝手、運用管理のしやすさ、導入コスト、の3つが大きいようだ。そこで今回の選び方ガイドでは、主にこの3つの視点から製品導入時に検討すべきポイントを見ていくことにする。また取材を通して浮かび上がってきたのは、製品導入以前に、文書に関わる業務フローを整理しておくことの重要性だ。この点についても、詳しく見ていきたい。
 なお、「IT製品解体新書」では、文書管理システムの主な機能や課題、活用にあたってのポイントについて解説しているので、あわせて参照いただきたい。

文書管理システム

※「文書管理システム/使われる「文書管理システム」を選ぶには?」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「文書管理システム/使われる「文書管理システム」を選ぶには?」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

文書管理システムの基礎解説へ
文書管理システムシェア情報へ


1

文書管理システム製品導入時のポイント

Point1

業務フローの整理を行う

■導入対象となるユーザ部門の目的を把握する

 今回あるベンダで興味深い話を聞くことができた。それは、“漠然と文書管理をしたいといってくる情報システム部門は、何をすべきかまだ分かっていない”ということだ。文書管理という課題はあるものの、対象となるユーザ部門が何に困っていて、何を解決したいのか、あるいは何を実現したいのか、という目的を十分に認識できていないのだ。第一に取り組むべき事項は、ユーザ部門の意向によく耳を傾けることだろう。文書管理の仕組みをシステムとして成立させる以前に、現場の課題を紐解いてあげることが先決だ。
 具体的なヒアリング項目としては、

どの現場が、何の業務に使うのか

対象となる文書はどれぐらいあるのか

各文書は誰が作成し、どんな承認フローを経て、システムに登録されるのか

あるいは誰に配布され、何年間保存すべきなのか

閲覧可能な範囲をどのように設定するか

 といった点が挙げられる。課題の抽出に当たっては、必要に応じて、現場業務に理解のあるベンダなどに相談すればいい。業種別あるいは業務別に、よくある確認事項をテンプレートとして提供しているところもある。せっかく導入したシステムを、文書の“ゴミ箱”にしないためにも、使う側の目的と実情を十二分に把握しておく必要があるだろう。

■導入すべき部署に優先順位を付ける

 現場の「使いやすさ」とシステムの「管理のしやすさ」。両者はトレードオフの関係だといえる。この時、情報システム部門が、ガバナンスを利かせたいという思いだけを前面に出してしまえば、結局は使われないシステムができあがってしまう。何千人使えることとか、どれぐらいのデータ量が必要とか、処理速度はどれぐらいで、というシステム要件から話を始める情報システム部門は、往々にして管理優先の傾向があるようだ。
 それでは実際に、現場との折り合いをどうやってつければいいのか。賢い情報システム部門は、文書管理システムを導入するユーザ部門に優先順位をつけるという。文書の電子化を真っ先に進めなければならない業務、あるいは管理すべき文書が溢れ返っている部署という視点に立ち、現場と十分なコミュニケーションを図った上で、ブラウザから登録できることとか、全文検索ができることといった必要要件を満たす製品を選定する。そしてエンドユーザの使い勝手や自分たちの運用負荷などをチェックし、その部門にしか合わないものなのか、全社展開できるものなのかを見極めるのだ。理想的には、2〜3の部門をピックアップし、それぞれに異なった製品を提供して、比較検討できることが望ましい。しかしこれにはお金がかかるし、運用の手間も別々にかかる。自社の事情に合った形で、スモールスタートを切ればいいだろう。

■情報システム部門の役割は、社内への“情報プロバイダ”

 この項目は上記2つを総括するテーマだ。システム要件に主眼を置き、どの現場が、何の目的で文書管理システムを使いたいのかを把握し切れていない情報システム部門は、単に“器としてのシステム”を入れようとしているということだ。
 文書管理システムの管理対象は、いうまでもなく文書、つまりは情報である。共有され、活用されて、初めて企業活動の役に立つ。その仕組みをコントロールする情報システム部門は、いわば全社に対する“情報プロバイダ”としての役割を担うことになる。システム部門ではなく、情報部門。こうした立場を取ることができれば、ユーザ部門の目的を把握し、製品導入の優先順位を付けることも、よりスムーズに進めることができるだろう。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

文書管理システム/使われる「文書管理システム」を選ぶには?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

文書管理システム」関連の製品

機密情報ファイルの漏洩対策 DataClasys(データクレシス) 【ネスコ】 InterSafe IRM(インターセーフ アイアールエム) 【アルプス システム インテグレーション】 FileBlog(ファイルブログ) 【鉄飛テクノロジー】
暗号化 暗号化 文書管理
様々なファイルの暗号化・利用権限設定により、情報漏洩を防止するDRM・IRM製品。権限者は暗号化したまま通常操作で利用可能。海外拠点からの二次漏洩も防止できる。 ファイルを保存時に自動で暗号化する情報漏洩対策ソフト。パスワードが不要で、暗号化忘れを防止できるほか、利用権限設定も可能。 ファイルの検索性に優れたWebベースの文書共有システム。ファイルの画像プレビューや属性管理など、シンプルで高性能な仕組みを簡単に導入できるのが特長。

文書管理システム」関連の特集


会議に次ぐ会議で辟易とした経験は誰しもあるのでは?会議には、移動時間や会議室確保、資料のプリントやそ…



情報漏洩の原因として最も多いのが「紙」に印刷された情報の外部への流出。プロに聞く、紙の情報の適切な管…



ソーシャルやモバイルと連携しながら「コンテンツ管理」は進化を続けています。競争力強化に役立つコンテン…


「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

文書管理システム/ 使われる「文書管理システム」を選ぶには?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「文書管理システム/ 使われる「文書管理システム」を選ぶには?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30003544


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ