「文書管理システム」でナレッジ共有を!

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎をきちんと理解! IT製品解体新書

「文書管理システム」でナレッジ共有を!

2010/05/10


 紙文書の電子化ニーズから始まり、e-文書法の後押しも受けて導入が進んだ「文書管理システム」。企業内に存在する各種電子文書を登録し、保管、活用するための仕組みだ。近年では内部統制強化のため、さらには情報の共有/活用を実現する企業内ポータルとしての役割にも大きな期待が寄せられている。大企業では導入が一巡したと言われているが、取材を通して見えてきたのは、システムを使いこなすために、情報システム部門が考慮すべき事項が多々あるということだ。今回の特集では、基本機能をおさらいすると共に、文書管理システムを取り巻く課題、活用にあたってのポイントについて紹介する。
 またIT製品選び方ガイドでは、製品導入時の検討事項について解説しているので、そちらもあわせて参照いただきたい。

文書管理システム

※「文書管理システム/「文書管理システム」でナレッジ共有を!」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「文書管理システム/「文書管理システム」でナレッジ共有を!」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

文書管理システムの選び方ガイドへ
文書管理システムシェア情報へ


1

文書管理システムを解体しよう!

1-1

文書管理システムとは

 文書管理システムは、電子化された紙文書(=電子文書)、あるいは各種アプリケーションで生成された電子文書の登録、保管を行い、情報の共有と活用を促進するための仕組みだ。本来は、文書の「生成」→「登録」→「保管」→「保存」→「破棄」というライフサイクルを管理するためのものである。一般的には、登録、保管、保存に加え、エンドユーザの利便性を高める検索の機能を備えたものが、製品としての文書管理システムだと言える(図1参照)。

図1 一般的な文書管理システムの構成要素
図1 一般的な文書管理システムの構成要素
資料提供:ビジネス機械・情報システム産業協会

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

文書管理システム/「文書管理システム」でナレッジ共有を!」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

文書管理システム」関連の製品

機密情報ファイルの漏洩対策 DataClasys(データクレシス) 【ネスコ】 高速全文検索システム REX-File・Finder 【寿精版印刷】 intra-mart 文書管理ソリューション 【エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート】
暗号化 データ検索ソフト 文書管理
様々なファイルの暗号化・利用権限設定により、情報漏洩を防止するDRM・IRM製品。権限者は暗号化したまま通常操作で利用可能。海外拠点からの二次漏洩も防止できる。 検索結果をイメージで見ながらファイルを探せる高速全文検索システム。ファイルサーバ、NAS、文書管理システムの検索エンジン、エンタープライズサーチとしても使用可能。 文書の保管はもちろん、文書のライフサイクルや業務フローに合わせて、文書確認・編集・承認・通知配信・保管・廃棄などをタイムリーに実行できる文書管理システム。

文書管理システム」関連の特集


半数近くが導入済みと答えたワークフローツール。導入時に重視するポイント、連携しているシステムなど、ア…



多機能なグループウェアで情報共有のすべてを網羅するには無理がある?現状の問題点を発見する方法とツール…



業務プロセスを目に見える形で管理できるワークフローツール。内部統制にぴったりの機能が強化されてきてい…


「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

文書管理システム/ 「文書管理システム」でナレッジ共有を!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「文書管理システム/ 「文書管理システム」でナレッジ共有を!」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30003543


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ