不況に効く「統合CRM」、導入手順と選択眼

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗できないアナタを応援します IT製品選び方ガイド

不況に効く「統合CRM」、導入手順と選択眼

2010/04/26


 顧客の包括的な管理を実現するCRM。セールス、マーケティング、サービスの各ビジネスプロセスの強化に役立つため、現在の厳しい経済状況下でより確かなビジネスメリットを獲得できるツールとして再注目されている。しかし導入後の現場では、「顧客情報の管理」といった部分でのメリットは感じているものの、「既存顧客の定着率向上」などの部分でなかなか有効活用しきれていないといった課題を抱えている。そこで今回のIT製品選び方ガイドは、こうした課題を踏まえた上でどのような製品・サービスを選択すればよいのか、そのポイントを紹介する。
 また「IT製品解体新書:統合CRM特集」では、CRMの基礎知識はもちろん、需要が高まっている背景とその導入メリットや最新注目機能を詳しく解説しているので併せてご参照いただきたい。

統合CRM

※「統合CRM/不況に効く「統合CRM」、導入手順と選択眼」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「統合CRM/不況に効く「統合CRM」、導入手順と選択眼」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

統合CRMの基礎解説へ
統合CRMシェア情報へ


1

統合CRMの選び方

1-1

統合CRM製品・サービスの導入手順

 統合CRM の導入をスムーズに行うためには、以下の事柄の決定と実施が不可欠になる。

CRM導入プロジェクトチームの編成

プロジェクトゴールの明確化

課題の整理と解決策の優先順位付

ビジネスプロセスの定義

ビジネスプロセスに対応した統合CRMの項目の定義

必要なレポートの定義

CRMを使いこなすためのトレーニングの実施(システム管理者向け/エンドユーザ向け)

 そこで、製品選びの前に、統合CRMの基本的な導入手順をしっかり理解しておくことが大切だ。まずは、参考までに「SaaS型CRM」の場合の導入手順を図1に紹介する。

図1 統合CRMの導入手順の例
図1 統合CRMの導入手順の例
このベンダでは、統合CRMの導入ステップを書き込みながら進めていくことができる「My Salesforceワークブック」を提供している。
資料提供:セールスフォース・ドットコム

 CRM導入の最初のステップ(要件定義フェーズ)では、プロジェクトチームのメンバーを招集し、キックオフミーティングを開催する必要がある。キックオフミーティングでは、メンバーの紹介、プロジェクトの対象範囲と成果物の確認、目的と主要成功要因の検討、各メンバーの役割と責務の定義、プロジェクトのタイムラインの設定などを行う。
 また、プロジェクトチームのメンバーはシステムの位置づけを理解しているが、大多数のエンドユーザはそうではない。そこで、利用準備フェーズでは統合CRM の概要、選定した理由、導入目的を簡潔にユーザに説明する必要がある。
 さらに、社内に統合CRMを浸透させていくために、定着化フェーズでは、プロジェクトチームのメンバーが統合CRMを使いこなしている様子をエンドユーザに示すことにより、CRM利用率が大幅に向上するきっかけを作ることができる。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

統合CRM/不況に効く「統合CRM」、導入手順と選択眼」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合CRM」関連情報をランダムに表示しています。

統合CRM」関連の特集


今、再注目される「統合CRM」。その背景や導入効果、最新機能を徹底解説します!業務中に「つぶやく」こ…



クレームも貴重な情報源とはいえ、対応業務は可能な限り簡素化したいもの。効率化に向けた FAQの仕組み…



教育用のマニュアル作りにげんなり、講習会のための全国行脚にウンザリ・・・そんなユーザ教育の無駄を解消…


「CRM」関連の製品

Experian Cross-Channel Marketing Platform 【エクスペリアンジャパン】 EMOROCO(エモーショナルCRMソリューション for Dynamics CRM) 【アーティサン】 Zoho CRM 【ゾーホージャパン】
CRM CRM CRM
BtoC企業向けMA。保有する顧客データを一元化してセグメントを切り、セグメントごとにキャンペーンシナリオを設計、クロスチャネルで実行するためのプラットフォーム。 顧客の感情(心)及び、企業が新しくマーケットインするための情報を“見える化“できる、AIを搭載したCRM。 世界で5万社が利用するクラウド型の顧客管理・案件管理システム。各プロセスの業務効率化と経営情報の見える化を実現。低コストで導入でき、規模や用途も柔軟に選択可能。

「CRM」関連の特集


CRMは、初期費用は比較的簡単に計算できますが費用対効果が見えにくいシステムです。今回はCRMを導入…



今、急速に注目を集めているMAとは何か。主にマーケティング部門で使われるITツールだが、今後、業務部…



 キーマンズネット読者の皆様。今回から寄稿させていただきます、株式会社フロムスクラッチ取締役の佐藤と…


「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

統合CRM/ 不況に効く「統合CRM」、導入手順と選択眼」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「統合CRM/ 不況に効く「統合CRM」、導入手順と選択眼」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30003542


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ