重さに注意?「ブレードサーバ」選択の知恵

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗できないアナタを応援します IT製品選び方ガイド

重さに注意?「ブレードサーバ」選択の知恵

2010/04/05


 ブレードサーバが登場しておよそ10年。ブレードサーバは、当初から並列的な分散処理によるスケールアウトが有効であるフロントエンドのサーバとして注目され、大企業のWebサイトやデータセンタ事業者を中心に導入が進んだ。近年は、サーバリソースの利用効率を高めて運用コストを抑えたい企業が、仮想化を適用しやすいブレードサーバを導入するケースが目立っている。一方で、ブレードサーバとひと括りにしても、ベンダ独自の設計仕様、独特の仕組みが実装されているため、異なるベンダのモジュールを混載することはできない。そのため製品選びは慎重にならざるを得ない。そこでブレードサーバの選択眼を養うためのいつくかの選択ポイントを解説していく。また、サーバブレードの基礎知識について「IT製品解体新書」で紹介しているので、そちらも参考にしていただきたい。

ブレードサーバ

※「ブレードサーバ/重さに注意?「ブレードサーバ」選択の知恵」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ブレードサーバ/重さに注意?「ブレードサーバ」選択の知恵」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

ブレードサーバの基礎解説へ
ブレードサーバシェア情報へ


1

「ブレードサーバ」選択のポイント

Point1

I/Oがネックになりやすいのでご注意を!

 最近は、大規模な基幹系システムなどで運用されているハイエンドなUNIXサーバを集約することを目的とした、高性能なブレードサーバが提供されるようになった。製品の中には、最新のインテルXeonプロセッサ(8コア)を2個搭載でき、メモリを最大144GBまで拡張できるなど、非常に拡張性の高いサーバブレードも提供されている。
 こうしたブレードサーバに仮想化を適用すると、1つの物理サーバ上にかなりの数の論理サーバを構成することができる。このとき注意しなければならないのが、LANやストレージとのI/O部分。内蔵したスイッチでI/Oを統合するが、I/O部分が細くなりボトルネックになりやすい。ハイエンドなブレードサーバにおいては、I/Oのボトルネックを回避するために、I/Oの拡張性がポイントとなってくる。
 製品によっては、I/OボードスロットやI/Oスロット拡張装置を利用して、多種多様なI/Oをブレードサーバに集約でき、ラックマウント型と同等の拡張性を持つものもある。ハイエンドなブレードサーバを導入する際には、この点を確認することをお勧めする。

図1 I/O不足のために別のシャーシに移すのでは非効率
図1 I/O不足のために別のシャーシに移すのでは非効率
資料提供:日立製作所

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

ブレードサーバ/重さに注意?「ブレードサーバ」選択の知恵」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ブレードサーバ」関連情報をランダムに表示しています。

ブレードサーバ」関連の特集


日立製作所では独自のサーバ論理分割機能をWindows Server 2012 Hyper-Vと組み…



従来、科学技術分野における分散コンピューティング環境や仮想的なスーパーコンピュータを実現するための技…



「サーバを仮想化したら何ができるの?」と聞かれたら答えられますか?基本的な仕組みからメリット・最新機…


「ブレードサーバ」関連の特集


多くの企業で導入が進み、活躍の場を広げつつある「ブレードサーバ」。今回は、仮想化関連の新機能など、最…



従来のサーバーに比べ、コンパクトになった「ブレードサーバー」。消費電力が抑えられるのも魅力の一つ。し…



運用管理面、冗長化構成、設置のしやすさetc…。「ブレードサーバ」導入時には、検討しなければならない…


「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ブレードサーバ/ 重さに注意?「ブレードサーバ」選択の知恵」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ブレードサーバ/ 重さに注意?「ブレードサーバ」選択の知恵」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30003536


IT・IT製品TOP > サーバー > ブレードサーバ > ブレードサーバのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ