この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

広域イーサネットサービス

2010/01/19


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、富士キメラ総研の情報を元に、広域イーサネットサービスのシェア情報をご紹介しよう。

※「広域イーサネット/「広域イーサネットサービス」シェア」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「広域イーサネット/「広域イーサネットサービス」シェア」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

広域イーサネットの選び方ガイドへ
広域イーサネットの基礎解説へ

 富士キメラ総研の調べによれば、広域イーサネットサービス市場は、高速デジタル専用線/スタンダード型IP-VPNからのリプレイス需要や、既存ユーザの拠点追加などの需要獲得により拡大している。2009年度はサービス品質向上やサービスラインアップ拡充が進んだ。具体的には、契約帯域以上のトラフィックへの対応を行なうバーストトラフィック対応と、エントリー型のラインアップ拡充が挙げられる。
 エントリー型が注目される一方で、スタンダード型では広帯域かつ可用性を重視するユーザが多く、IP-VPNの様にはエントリー型への移行が進まないものと見られる。今後は、デジタル専用線からの移行が一服しつつあること、VPNサービスの需要一巡、景気低迷による通信コスト削減などの影響から、成長率は鈍化していくと考えられる。
 市場占有率(金額ベース)を見ると、サービス品質や故障時対応などでのCSが高いベンダが2008年度に実績を拡大しており、2009年度には25.2%で1位となると見込まれる。2009年度当初には成長の鈍化が見られたが、7月にトラフィックフリー機能/プラグイン機能などのサービスを投入、通期では回線数ベースで前年度並の純増数を獲得すると見込まれる。19.2%で2位のベンダは、2009年7月にエントリー型サービスの提供を開始しており、今後、既存サービスとの相互接続を提供することで広域イーサネットでのメリハリ運用も可能とする。

広域イーサネットサービスシェア

広域イーサネットサービスシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

広域イーサネット/「広域イーサネットサービス」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「広域イーサネット」関連情報をランダムに表示しています。

広域イーサネット」関連の特集


IDCでは、過去10年にわたり、国内IT投資金額の推移を調査している。1月に発表した調査結果によると…



WANを高速化したい時、最近はWANサービスも安くなってきたし、回線を増速すれば良い話、と思っていま…



L2スイッチのVLAN機能でセキュリティを確保しよう!ポートベースやタグVLAN、および動的VLAN…


「広域イーサネット」関連の特集


IP-VPNと機能的には違いがなくなりつつある「広域イーサネット」。しかし、広域イーサネットの導入が…



レイヤ2上にVPN(仮想閉域網)を構築する「広域イーサネット」とは何か?簡単アニメでサクッと紹介しま…



「IP-VPN VS 広域イーサネット」という新型WAN戦線に変化が!広域イーサネットのデメリットが…


「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

広域イーサネット/ 「広域イーサネットサービス」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「広域イーサネット/ 「広域イーサネットサービス」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30003534


IT・IT製品TOP > 通信サービス > 広域イーサネット > 広域イーサネットの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ