この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    佐藤 眞司
    Shinji Sato
    株式会社電子商取引安全技術研究所 評価センター CC評価部
    半導体〜ソフト開発を経て、2003年より現在所属する株式会社電子商取引安全技術研究所(ECSEC Laboratory)にてIT製品のCC評価に従事
2010/01/19
スマートカードのCC評価とは

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「スマートカードのCC評価とは」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


スマートカードのセキュリティ/スマートカードのCC評価とは」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「スマートカードのセキュリティ」関連情報をランダムに表示しています。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の製品

Webシステム ファイル持ち出し防止 「ファイルプロテクト for IIS」 【ハイパーギア】 接続先ネットワークの制限/デバイスの利用禁止 秘文 Device Control 【日立ソリューションズ】 クラウド型セキュリティサービス InterSafe GatewayConnection 【アルプス システム インテグレーション】
その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連
Windows Server OSでIISを利用したWebシステムに連携。ファイルはそのままでユーザがファイルを参照するタイミングに持ち出し禁止や印刷禁止のPDFをオンデマンド生成する。 デバイスやWi-Fiの利用を制限し、エンドポイントからの情報漏洩を防止。
スマートフォン、USBメモリなど様々なデバイスの利用を制限。
Wi-Fi制御、VPN利用の強制機能も搭載。
クラウドゲートウェイで多層防御を実現するWebセキュリティサービス。振る舞い検知を含む脅威インテリジェンスを活用した通信遮断とWebフィルタリングをクラウドで提供。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の特集


 前回は、管理者が脆弱性対策情報を収集する方法について紹介した。脆弱性対策情報は収集されるだけでなく…



 OSやアプリケーションなど日常業務で利用している様々なソフトウェアには、脆弱性が存在する。昨今では…



 前回までは、TRMで提供している技術要件の内容について述べた。今回は、TRMの活用と技術戦略につい…


「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連のセミナー

情報セキュリティファンデーション試験対策研修 【IT&ストラテジーコンサルティング】  

開催日 1月19日(木),3月14日(火)   開催地 東京都   参加費 有料 5万3136円(税込)

本研修は、ITプロフェッショナル(もしくは同等の知識をお持ちの方)向けに、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)に関する国際規格ISO/IEC 270…

<大阪開催>ランサムウェア/マルウェア被害の実情と対策 【富士通エンジニアリングテクノロジーズ】 締切間近 

開催日 1月26日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

企業や組織の事業継続を脅かしているランサムウェアの被害は昨年と比較して約8倍に膨れあがっています。データが暗号化され、身代金が要求される前にランサムウェアの脅威…

働き方改革・推進セミナー 【主催:SCSK/協賛:日本ヒューレット・パッカード】  

開催日 2月3日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

企業活動する上で、昨今、問題となっている長時間労働や育児・介護との両立など従来とは異なる労働環境が求められています。企業側としても、優秀な人材の確保、社員の定着…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30003528


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ