この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    北野 晴人
    Haruto Kitano
    (独)情報処理推進機構(IPA) CCタスクフォース委員
    日本オラクル(株)でデータベース、アイデンティティ管理等セキュリティ製品の販売戦略策定を担当。CISSP Asia Advisory Board、データベース・セキュリティ・コンソーシアム運営委員。
2009/12/22
データベースと暗号化

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「データベースと暗号化」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


データベースセキュリティ/データベースと暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データベースセキュリティ」関連情報をランダムに表示しています。

データベースセキュリティ」関連の特集


内部統制の不備をなくす上で、IT統制への取り組みは重要なポイント!その要となるアイデンティティ管理の…



DBセキュリティの弱点と対策の現状を統計データをもとに確認。特に重要なアイデンティティ管理とログ管理…



 前回、説明したとおり、この1年は“潮目を切る”劇的変化を迎えた年であった。特に「情報流出」に関して…


「暗号化」関連の製品

Linuxサーバデータ暗号化ソリューション SERVER GENERAL 【ソフトエイジェンシー】 payShield HSM ファミリー 【タレスジャパン】 ドキュメント保護「活文 Document Rights Manager」 【日立ソリューションズ】
暗号化 暗号化 暗号化
導入も簡単で透過的な、Linuxサーバデータ暗号化ソリューション。
鍵管理や権限別アクセス管理などが容易に実現でき、情報セキュリティの運用負荷を大幅に軽減する。
カード発行・決済取引に特化したアプリケーションと組み合わせて利用するHSM。国際ブランドはもちろんEMV・PCI・Global Platformなど金融関連のセキュリティ標準を満たす。 情報の保管・利用場所に依存せず、不正利用を防止する。文書が流出しても権限がなければ閲覧できないだけでなく、文書を後から失効することで、万が一の事後対策が可能。

「暗号化」関連の特集


暗号技術はもとは軍事技術として開発されたもの。実在したトンデモ暗号から、現在使われている暗号や認証を…



 企業経営においての最も大きなリスクは、いつも「経済不確実性」であった。しかしながら、ここ最近「IT…



情報窃取を目的とした中間者攻撃に社屋から漏れる電波の解読…。企業での無線LAN利用における“7つ”の…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30003523


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ