この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    北野 晴人
    Haruto Kitano
    (独)情報処理推進機構(IPA) CCタスクフォース委員
    日本オラクル(株)でデータベース、アイデンティティ管理等セキュリティ製品の販売戦略策定を担当。CISSP Asia Advisory Board、データベース・セキュリティ・コンソーシアム運営委員。
2009/12/22
データベースと暗号化

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「データベースと暗号化」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


データベースセキュリティ/データベースと暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データベースセキュリティ」関連情報をランダムに表示しています。

データベースセキュリティ」関連の特集


“内部からの情報漏洩対策”連載第2弾は「アクセス制御」に注目。システムやワークフロー上でポリシー外の…



 ドアのカギを開けっ放しにして外出する人はほとんどいないはずだ。誰だって家の中の大事なモノを取られた…



 RDBMSにおける情報保護、いわゆるデータベース・セキュリティは2004年、個人情報保護法の完全施…


「暗号化」関連の製品

ファイルの暗号化と閲覧停止 秘文 Data Protection 【日立ソリューションズ】 機密情報ファイルの漏洩対策 DataClasys(データクレシス) 【ネスコ】 ファイルの暗号・持出し管理「NonCopy 2」 【サイエンスパーク】
暗号化 暗号化 暗号化
ファイルの暗号化と社外に渡した後でも閲覧停止にできる機能で、情報の不正利用や拡散を防止。
流出の予兆を自動的に検知する機能やファイルの編集禁止機能も搭載。
様々なファイルの暗号化・利用権限設定により、情報漏洩を防止するDRM・IRM製品。権限者は暗号化したまま通常操作で利用可能。海外拠点からの二次漏洩も防止できる。 サーバやPC内に「金庫(安全な領域)」を作ることで、不正なファイルの持ち出し行為を禁止。USBメモリ、スマートフォン、タブレットなど多様な外部デバイスを制御できる。

「暗号化」関連の特集


 前回、「経営層が知っておくべきセキュリティ――対策は実用主義暗号化で」を投稿した後、このような質問…



暗号化として馴染みのあるRSAのアルゴリズムから、標準技術「AES」、情報の漏洩を物理的に感知する「…



 前回は秘匿(暗号化)に関するISO/IEC規格について取り上げた。今回は、認証と署名のISO/IE…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30003523


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ