この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2010/02/26
偉人の遺伝子をEasyに読み解く!キーマン列伝
#029ネットの「母胎」の創造者 〜ヴァネヴァー・ブッシュ氏

 この連載の中で、コンピュータやインターネットの誕生に関わった人を何人か取り上げている。しかし実際にはそれらの開発には直接的に関わっていないものの、その誕生に深く関わっているキーマンも存在する。

 そんなキーマンの1人が、今回取り上げるヴァネヴァー・ブッシュ氏(以下敬称略)だ。彼は、前回(2010/02/19号)紹介したテッド・ネルソン氏によるハイパーテキストの前身ともいえる「Memex」の考案者でもあり、インターネットの始祖であるARPANETを開発したARPAの発足にも間接的ながら関わった重要なキーマンでもある。

ヴァネヴァー・ブッシュ氏
1890年
アメリカ・マサチューセッツ州にて誕生。
1913年
タフツ大学を卒業。1917年にハーバード大学、マサチューセッツ工科大学(MIT)にて工学博士号を授与され、その後MITにて教授職を得る。
1931年
MITにて微分解析機を開発。この解析機はブッシュの許可のもと、世界中で複製製造された。
1974年
死去。享年84歳。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズ列伝/ ネットの「母胎」の創造者 〜ヴァネヴァー・ブッシュ氏」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「キーマンズ列伝/ ネットの「母胎」の創造者 〜ヴァネヴァー・ブッシュ氏」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「キーマン列伝」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30003491



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ