RFC内に追悼文も!「インターネットの神」

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2010/01/15
偉人の遺伝子をEasyに読み解く!キーマン列伝
#023インターネットの神 〜ジョン・ポステル氏

 ARPANETというごく限られた軍用ネットワークが、インターネットという巨大なネットワークに変貌していく時、なぜその秩序を保ったまま世界的な規模へと発展できたのだろうか。

 その秘密は「RFC」である。RFC(Request For Comment)は、インターネットに関する標準技術がまとめられている文書である。つまり「インターネットの仕様書」と言っても過言ではない。RFCは様々な人によって書かれてきたが、それをとりまとめていたのが、今回紹介するキーマン、ジョン・ポステル氏(以下敬称略)である。

ジョン・ポステル氏
1943年
アメリカにて誕生。
1974年
カリフォルニア大学ロサンゼルス校にてコンピュータサイエンスの博士号を取得。このころからARPANETプロジェクトに関わる。
1977年
南カリフォルニア大学のISIにてIANAを立ち上げる。
1998年
心臓疾患の治療中に亡くなる。享年55歳。彼はRFCを管理する一方で、自分でRFCを書くこともあった。その数は163にも及んだ。
1999年
IANAがICANNの下部組織となる。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズ列伝/ インターネットの神 〜ジョン・ポステル氏」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「キーマンズ列伝/ インターネットの神 〜ジョン・ポステル氏」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「キーマン列伝」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30003485



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ