第28回 ファイル転送プロトコルの仕組み

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

IT担当者の必須知識が身につく 初級ネットワーク講座

第28回 ファイル転送プロトコルの仕組み

2010/02/09


 ファイル転送プロトコル(FTP)は、その名のとおりファイルを転送するためのプロトコルだ。Webサイト閲覧のためのHTTPや、メールのやりとりのためのSMTP/POP3と同様、IPネットワーク草創期からあるプロトコルで、よく使われている。
 FTPは、他のプロトコルとは異なり、制御用とデータ転送用の2種類のコネクションでファイル転送を実現するのが特徴だ。2種類のコネクションを用いるがゆえに、ファイアウォールや暗号化、アドレス変換などの後発技術と相性が悪く、併用には何らかの工夫が必要となる。今回は、パケット解析をもとにFTPの仕組みなどについて解説する。

ファイル転送プロトコル

※「ファイル転送プロトコル/第28回 ファイル転送プロトコルの仕組み」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ファイル転送プロトコル/第28回 ファイル転送プロトコルの仕組み」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

ファイル転送プロトコル(FTP)とは

1-1

FTPとは

 FTPは、File Transfer Protocol の略で、インターネットなどのIPネットワークにおいて異なるコンピュータ間でファイルを転送するためのプロトコルであり、IETFによってRFC 959で定義されている。OSI参照モデルのアプリケーション層に位置し、トランスポート層での通信にはTCPを用いる。
 インターネットでは、作成したWeb用のファイルをWebサーバに転送したり、拠点間でのファイルのやりとりなどで用いられたりする。
 FTPは、HTTPやSMTPなどのプロトコルと同様にTCPコネクションが確立された後は、そのTCPコネクション(仮想的な通り道)を利用してクライアントとサーバの間でデータのやり取りがされる。
 クライアントからサーバへのデータを「コマンド」と呼び、3-4文字の英字でその意味を表す。(USER、PASS、NOOPなど)
 また、サーバからクライアントへのデータをレスポンスと呼び、3桁の数字でその意味を表す。(220、331、230、など)

100番台  肯定的な予備応答
200番台  肯定的な完了応答  通常の完了を示す
300番台  肯定的な中間応答  正常な動作だが、引き続き追加のコマンドを必要としている
400番台  一時的な否定応答  一時的な理由で完了されなかった
500番台  否定応答  何らかの理由で完了されなかった

 しかし、HTTPやSMTPなどのプロトコルは1つのTCPコネクションを利用するのに対し、FTPは2つのTCPコネクションを利用する。
 1つ目のTCPコネクションは、制御コネクションと呼ばれ、FTPを制御するためのコネクションであり、ポート番号21(FTP)が用いられる。
  2つ目のTCPコネクションは、データコネクションと呼ばれ、ファイルやファイル一覧などのデータを転送するためのコネクションである。PORTモードでは、ポート番号20(FTP-DATA)が用いられる。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

ファイル転送プロトコル/第28回 ファイル転送プロトコルの仕組み」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ファイル転送プロトコル」関連情報をランダムに表示しています。

ファイル転送プロトコル」関連の特集


IPプロトコルの中でも古い歴史を持ち、頻繁に使われるファイル転送プロトコル「FTP」。その仕組みをパ…



2年半にわたって続いてきた本講座も最終回。長足の進歩を遂げたネットワークは、今後いったいどうなってい…



近年、IPv6が徐々に普及してきています。IPv6でのヘッダやIPアドレスの仕組み、IPv4との違い…


「EAI」関連の製品

クラウドEAIサービス 「PolarisGate」 【日商エレクトロニクス】 Magic xpi Integration Platform 【マジックソフトウェア・ジャパン】 データ連携ミドルウェア 「ASTERIA WARP」 【インフォテリア】
EAI EAI EAI
クラウドサービス間のデータを連携し、業務効率向上やビジネスへの対応を支援するクラウド型EAIサービス。世界トップクラスの導入実績を誇る「Magic xpi」のクラウド版。 ドラッグ&ドロップでデータ連携を実現するビジュアルな開発環境と実行プラットフォーム。66種/500機能もの多彩なアダプターを装備。 企業内のさまざまなデータをノン・プログラミングで高速・簡単に連携するミドルウェア
・11年連続国内シェアNo.1、導入実績は6000社以上
・高速開発・業務自動化を実現

「EAI」関連の特集


今回ピックアップするのはEAI。例えばシステムのリプレースでは、全ての業務アプリケーションを一気にE…



データウェアハウスの構築にとどまらず、データの統合・連結など幅広く活躍中の「ETLツール」を基本から…



さて、最近では、EAIやWebアプリケーション、SOA、クラウドなどの技術の進歩を受けて、それらの課…


「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ファイル転送プロトコル/ 第28回 ファイル転送プロトコルの仕組み」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ファイル転送プロトコル/ 第28回 ファイル転送プロトコルの仕組み」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30003470


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > EAI > EAIのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ