この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

IT担当者の必須知識が身につく 初級ネットワーク講座

第27回 高信頼設計のための冗長化

2010/01/12


 信頼性の高いネットワークを構築するには、冗長構成にする必要がある。冗長構成には、ホットデュアル構成、アクティブ・スタンバイ構成など、いくつかの種類がある。平常時に稼働するシステムとそのバックアップシステムとで構成されるアクティブ・スタンバイ構成がコストパフォーマンス的にみて有利なため、主流となっている。
 第20回の同講座ですでに、高信頼性設計を実現するための代表的な技術として、マルチホーミング、VRRP、スパニングツリーについて解説した。しかし、冗長構成が不適切だと、いざ障害発生時に待機系に切り替わらないばかりか、二次被害を生じるおそれがある。そこで今回は、冗長構成の基本、注意点などについて解説する。

高信頼性設計

※「高信頼性設計/第27回 高信頼設計のための冗長化」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「高信頼性設計/第27回 高信頼設計のための冗長化」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

経路の二重化

 図1のように、3台のL2スイッチでスパニングツリーを構成するとしよう。L2スイッチ-AにはサーバXが接続されており、L2スイッチ-BにはPC・B群、L2スイッチ-CにはPC・C群が接続されている。主な通信形態は、概ねPCからサーバへのアクセスだけで、PC同士の通信はない。L2スイッチ-AとL2スイッチ-Bの間、L2スイッチ-AとL2スイッチ-Cの間の通信速度は1Gbps、L2スイッチ-BとL2スイッチ-Cの間の通信速度は100Mbpsである。
 スパニングツリーの設定により、L2スイッチ-AとL2スイッチ-Bの間、L2スイッチ-AとL2スイッチ-Cの間を通常使用する経路とする。L2スイッチ-BとL2スイッチ-Cの間は、通常はブロックしておき、L2スイッチ-AとL2スイッチ-Bの間、L2スイッチ-AとL2スイッチ-Cの間に障害が発生したときの迂回経路とする。

図1
図1

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

高信頼性設計/第27回 高信頼設計のための冗長化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「高信頼性設計」関連情報をランダムに表示しています。

高信頼性設計」関連の特集


セキュリティ面で懸念されがちな「無線LAN」。今回はそんな無線LANの仕組みについて、問題点も含めて…



アナタのネットワーク知識はどのレベル?昨年の情報処理技術者ネットワークスペシャリスト試験で出題された…



日々の業務を担うシステムが外敵に狙われては一大事。社内ネットワークを外部の脅威から守るIPS、IDS…


「ネットワークスイッチ」関連の製品

TiFRONT‐セキュリティスイッチ 【パイオリンク】 Apresia3400シリーズ 【APRESIA Systems】 EXシリーズ 【ジュニパーネットワークス】
ネットワークスイッチ ネットワークスイッチ ネットワークスイッチ
脅威や拡散を防止し、社内ネットワークの”見える化”を実現できるセキュリティスイッチ。既存のL2スイッチやフロアスイッチを置き換えるだけで導入が可能。 認証スイッチの先駆者的な存在。高度に進化した企業ネットワーク向けに、セキュリティ管理やQoS機能を搭載しつつ、ローコストを実現した純国産の次世代L2、L3スイッチ。 導入・管理に手間がかからない上、電力効率に優れたネットワーク構築が可能な高信頼性イーサネットスイッチ。

「ネットワークスイッチ」関連の特集


今年の6月にヤマハの最新スイッチがリリースされました。ヤマハのネットワーク機器と聞くとSOHO市場シ…



L2スイッチのVLAN機能でセキュリティを確保しよう!ポートベースやタグVLAN、および動的VLAN…



どんな機能が備わっているのか、拡張性はどうかなど、製品導入時に注意すべき項目を、「L7スイッチ」だけ…


「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

高信頼性設計/ 第27回 高信頼設計のための冗長化」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「高信頼性設計/ 第27回 高信頼設計のための冗長化」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4


30003469


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > ネットワークスイッチ > ネットワークスイッチのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ