クライアントのバックアップをとりたい

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

会社の課題を解決する処方箋。 課題スッキリ!IT処方箋

クライアントのバックアップをとりたい

2010/01/12


 社員1人に1台のPC配布が当たり前になった今日、PCの内部に日々蓄積していく情報の量や重要性は数年前とは比べものにならない。PCの中に保存されているメール情報や報告書・提案書の類は内容が業務に密着しており、データを喪失してしまった場合のリスクも大きい。そこで今注目されるのがクライアントPCのバックアップだ。サーバのバックアップは運用体制が確立していることが多いが、クライアントPC1台1台で確実に実行する仕組みはなかなか難しい。今回は、企業でどのようにクライアントの情報保護を推進していけばよいかを、2つの処方箋にまとめて紹介していく。

クライアントのバックアップ

※「クライアントのバックアップ/クライアントのバックアップをとりたい」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「クライアントのバックアップ/クライアントのバックアップをとりたい」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

他の課題をチェック PickUp! 課題の解き方へ


1

クライアント向けバックアップツールを使う

 クライアントPCのバックアップは2つのパターンで考えられる。1つはPCにクライアント用バックアップツールを入れ、PCに外付けHDD等を接続して内蔵HDDのデータをバックアップするパターン、もう1つは企業向けバックアップツールを導入し、バックアップサーバを立ててネットワーク越しにクライアントPCのデータをバックアップするパターンだ。
 スキルのあるユーザの場合、前者の方法のほうが利便性が高い場合が多い。SIerなど社員のリテラシーの高い企業では、バックアップ用のメディアをしっかりと個品管理したうえでバックアップをユーザにまかせている場合もある。一方、必ずしも社員全員が自己責任・自己裁量でバックアップが行えないという企業もある。こうした企業の情報システム部門では、バックアップサーバを立てて集中管理/運用できたほうが安心できる場合が多いのではないだろうか。

ローカルでのバックアップ

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

クライアントのバックアップ/クライアントのバックアップをとりたい」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「クライアントのバックアップ」関連情報をランダムに表示しています。

クライアントのバックアップ」関連の特集


新たなデバイスを活用したワークスタイルへの挑戦や、Windows 8の登場など、大きな転換期を迎えて…



 2015年6月、IPAがランサムウェアに関する注意喚起を促し、さらに同年末にvvvウィルスというラ…



企業システムにおいて仮想化が広まっていく中、運用管理の担当者はどのような課題を感じているのか。また、…


このページの先頭へ

クライアントのバックアップ/ クライアントのバックアップをとりたい」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「クライアントのバックアップ/ クライアントのバックアップをとりたい」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30003457



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ