後悔しない「RIA」選び、検討ポイントは?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗できないアナタを応援します IT製品選び方ガイド

後悔しない「RIA」選び、検討ポイントは?

2010/03/29


 リッチクライアントはHTMLにおける操作性や表現力の限界を超え、ユーザにとって最適なインターフェースが設計・実装できるツールだ。特に、現場の業務に直結した“使い勝手”に影響してしまうツールだけに、各ベンダの特徴をきちんと見極めながら製品を選んでいくことが重要になる。もちろん、JavaScriptやXMLなど既存の技術をフル活用することで対応できるケースも少なくないため、どこまでの操作性が必要なのかは十分考慮した上で選択したい。ここではリッチクライアント選択にあたり後悔しないための検討ポイントについて紹介する。
 また「IT製品解体新書:リッチクライアント特集」では、リッチクライアントの企業内活用法や活用事例、Silverlight4やHTML5などの最新動向を紹介しているので併せてご参照いただきたい。

リッチクライアント

※「リッチクライアント/後悔しない「RIA」選び、検討ポイントは?」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「リッチクライアント/後悔しない「RIA」選び、検討ポイントは?」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

リッチクライアントの基礎解説へ


1

リッチクライアントの選び方

■小手先のUIではない!行動全体を考察せよ

 リッチクライアントは、基本的にはユーザインターフェース(UI)を改善するためのツールだ。しかし、システムとしてのUIにこだわりすぎると、本質を見失うこともあるので気をつけたい。例えば、従業員が使う交通費精算システムの入力を簡便にするためにリッチクライアントを導入したとしよう。しかし、交通費精算全体の流れを考えれば、本来ならPASMOなどICカードをかざすだけで交通費精算ができるような仕組みのほうが従業員にとってはうれしいはず。だからこそ、全体の行動も含めた上でユーザインターフェースをトータルに検討する必要がある。最近では、UCD(User-centered design)と呼ばれる考え方も盛んに叫ばれており、改めてユーザ視点で現在のシステムを見直す動きは増えている。これはリッチクライアントというだけにとどまらず、あらゆるシステムにおいて有効な考え方といえる。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

リッチクライアント/後悔しない「RIA」選び、検討ポイントは?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「リッチクライアント」関連情報をランダムに表示しています。

リッチクライアント」関連の製品

Magic xpa Application Platform 【マジックソフトウェア・ジャパン】 Online Service Gate Professional/Enterprise 【ソフトバンク コマース&サービス】 PMBOK準拠プロジェクト管理 「SI Object Browser PM」 【システムインテグレータ】
開発環境/BaaS シングルサインオン プロジェクト管理
クライアント/サーバ、Web、RIA、iOS/Androidなど様々な形態やデバイスのアプリケーションをワンソース・マルチユースで統合開発・実行できるプラットフォーム。 クラウドサービスの利用下において、社外からのアクセス制限やシングルサインオン環境などを実現するクラウドアクセスコントロールサービス。 ●脱EXCEL! プロジェクトの進捗、コスト、要員、品質を見える化。
●プロジェクト管理を標準化。失敗プロジェクトをなくす。
●8年で140社以上の導入実績。

リッチクライアント」関連の特集


企業ユースで上手に使いこなすにはどうすべきか…。他のクライアント技術との比較や、導入時の要検討ポイン…



Webサイトはもはや企業に欠かせぬマーケティングツール。一方で運用の負荷は増すばかり…もっとラクにで…



IT担当543人対象に「RIA(リッチインターネットアプリケーション)の導入状況」を調査。利用目的や…


「その他WEB構築関連」関連の製品

Webフォーム作成サービス フォームクリエイター 【ソフトバンク コマース&サービス】 Myサイト翻訳 【ソフトバンク コマース&サービス】 FLIPPER U 【ソフトバンク コマース&サービス】
その他WEB構築関連 その他WEB構築関連 その他WEB構築関連
Webフォームを簡単に作成することができるサービス。マルチデバイス対応の申込みフォームを、ドラッグ&ドロップの簡単な操作で作成できる。 Webサイトの自動翻訳を即座に実現できるクラウド型サービス。既存の日本語サイトに翻訳ボタン1つを貼付するだけで、同様のレイアウトのままで多言語サイトが完成する。 カタログ、パンフレット、マニュアル、教科書などをデジタル化し、インターネット経由で閲覧できるようにするWindowsソフトウェア。

「WEB構築」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

リッチクライアント/ 後悔しない「RIA」選び、検討ポイントは?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「リッチクライアント/ 後悔しない「RIA」選び、検討ポイントは?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30003456


IT・IT製品TOP > WEB構築 > その他WEB構築関連 > その他WEB構築関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ