この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎をきちんと理解! IT製品解体新書

「スマートフォン」のビジネス活用法

2010/03/23


 日本における様々な携帯電話端末の中で、やや特異な存在であった「スマートフォン」だが、2008年に「iPhone」が登場して以来、その認知度は非常に高くなっている。スマートフォンのユーザの多くがコンシューマユーザであるように思われがちだが、実際には、スマートフォンをビジネスで活用している事例は、その普及とともに拡大している。本特集では、スマートフォンの基礎知識、最新動向を解説し、ビジネスユーザにとってのスマートフォンの有用性を解説する。また、ビジネスユースに役立つスマートフォンの選び方は「IT製品選び方ガイド」にまとめたので、そちらもあわせて参考にしてほしい。

スマートフォン

※「スマートフォン/「スマートフォン」のビジネス活用法」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「スマートフォン/「スマートフォン」のビジネス活用法」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

スマートフォンの選び方ガイドへ
スマートフォンシェア情報へ


1

スマートフォンを解体しよう!

 現在、携帯電話端末とスマートフォンの機能的な境界線が非常に曖昧になっている。携帯電話端末の性能がリッチになるにつれて、外観はもとより、機能的にも大きな差がなくなっているのだ。まずはここでスマートフォンの定義を明確にしておこう。

1-1

スマートフォンとは

 スマートフォンは、音声通話とインターネット接続が可能で、独自アプリケーションを自由にインストールして利用できる携帯端末である──というのが従来からの定義であるが、既にそれらの要件を満たす一般的に「ケータイ」と呼ばれる携帯電話端末がいくつも登場している。
 また、数年前まではタッチパネルによる操作が可能だったり、QWERTYキーボードを内蔵していたりといった、ハードウェア的なインターフェースの多彩さもスマートフォンの特徴であったが、そういったインターフェースを搭載する携帯電話端末も少なくなく、外見だけでスマートフォンと区分するのは難しい。

図1 外見だけでは区別し難い「スマートフォン」と「ケータイ」
図1 外見だけでは区別し難い「スマートフォン」と「ケータイ」
上左:一般的な携帯電話端末であるソフトバンクモバイル「941SH」。ケータイアプリケーション「S!アプリ」に対応。上右:ソフトバンクモバイルより提供のスマートフォン「iPhone」。
下左:一般的な携帯電話端末であるNTTドコモ「SH-03B」は、「iアプリ」に対応する。下右:スマートフォンに分類されるウィルコム「WILLCOM 03」。
資料提供:ソフトバンクモバイル株式会社(上左)、アップル社(上右)、
株式会社NTTドコモ(下左)、株式会社ウィルコム(下右)

 携帯電話端末とスマートフォンの違いを明確にする要素として、まずOSの違いが挙げられる。一般的な携帯電話端末も、もちろんOSが搭載されてその上で各種機能が動作しているのであるが、搭載されているOSについて明示されることはない。一方のスマートフォンは、その端末の最大の特徴として、どんなOSを搭載するかが明示される。そしてその搭載OSによって、スマートフォンの中でも差別化が図られるのである。なお、スマートフォンのOSに関しては次項でより詳しく触れる。
 そして国内においては、一般的な携帯電話端末は、例えば「iモード」のような、各携帯電話キャリアが独自展開する「携帯電話専用ネットサービス」へ対応し、スマートフォンは非対応であるという観点から区分することもできる。いわゆる「ケータイサイト」を見られるか否かで、通常の携帯電話端末かスマートフォンかを区別できるというわけだ。
 携帯電話キャリア関係者によれば、携帯電話端末とスマートフォンの機能は徐々に融和していく方向にあり、これまで以上に曖昧になる可能性があるという。しかし現状では、このように携帯電話端末と区分して「スマートフォン」と分類するのが最も正しいだろう。

表1 「スマートフォン」と「ケータイ」の違い
表1 「スマートフォン」と「ケータイ」の違い

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

スマートフォン/「スマートフォン」のビジネス活用法」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「スマートフォン」関連情報をランダムに表示しています。

スマートフォン」関連の製品

安心・安全・快適認証ソリューション 「YubiOn」 【ソフト技研】 Webワークフローソフトウェア『MajorFlow』 【パナソニック ネットソリューションズ】 ExchangeUSEワークフロー 【富士電機】
ワンタイムパスワード ワークフロー ワークフロー
さまざまな認証のシーンにワンタイムパスワードを追加し、セキュアな二要素認証を実現可能にする。新たなハードウェアの購入やシステムの変更を行わずに導入可能。 申請/承認の決裁だけではなく、「経費精算」における仕訳や計上処理、「勤怠」における集計など、業務改善を図る「ビジネスリフォーム機能」満載のワークフローシステム。 1700社以上の導入実績を誇るワークフロー専用パッケージ。複数会社運用、マルチベンダERP連携に対応。業務特化型〜汎用型ワークフローまで、全社申請業務を運用可能。

スマートフォン」関連の特集


種類も目的も多様なコラボレーションツールの中から自社業務に最適なものを選んで導入するのは大変そう………



利用端末としてタブレット型端末が増加した同市場。他システムからの申請フォームの呼び出しなどが重要にな…



スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスを業務に使用することも多くなりました。iPhone/…


スマートフォン」関連のセミナー

負荷テストツール Silk Performerハンズオンセミナー 【マイクロフォーカス】  

開催日 1月16日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

「Silk Performer」は、負荷テストの自動化によって、様々なパフォーマンス問題を未然に防ぐことを目的としたツールです。本セミナーでは、前半で負荷テスト…

Web業務システムのスマートフォン最適化実現セミナー 【KSK】  

開催日 11月15日(水),11月29日(水),12月6日(水),12月13日(水),12月20日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

突然ですが、社内でこんな要望や検討はございませんか?【社内の業務システム画面をスマートフォンに最適化したい】多くの企業がスマートフォンを業務利用で導入する中、社…

モバイル、オープンAPIを活用するための認証基盤 【主催:オージス総研/協力:オープンソース活用研究所】 締切間近 

開催日 11月28日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

【顧客向けサービスではもちろん、従業員向けサービスでも注目される、モバイルアプリ】スマートフォン、タブレット端末などの普及に伴い、現在では情報システムを利用する…

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

スマートフォン/ 「スマートフォン」のビジネス活用法」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「スマートフォン/ 「スマートフォン」のビジネス活用法」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30003453


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > スマートフォン > スマートフォンのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ