これからはじめる「ストレージ仮想化」入門

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎をきちんと理解! IT製品解体新書

これからはじめる「ストレージ仮想化」入門

2010/03/08


 コンピュータシステムの利用場面が拡大するにつれ、企業内のデータは増加の一途をたどっている。この状況により拍車を掛けているのが、HDDやSSDといった記憶媒体の低価格化だ。その結果、ストレージ導入のハードルは低くなったものの、多くのストレージが乱立する事態を招き、運用負荷の増大という別の問題点を生み出した。こうした課題に対するソリューションが、「ストレージの仮想化」である。ベンダの異なるストレージ群を仮想的に統合し、1つのストレージプールとして利用可能にする。今回の特集では、ストレージ仮想化の基本機能の解説に加え、ストレージ仮想化の登場背景や導入メリットにも触れていく。なお、選び方ガイドでは、製品を導入する際のチェックポイントについて解説しているので、そちらも併せてご参照いただきたい。

ストレージ仮想化

※「ストレージ仮想化/これからはじめる「ストレージ仮想化」入門」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ストレージ仮想化/これからはじめる「ストレージ仮想化」入門」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

ストレージ仮想化の選び方ガイドへ


1

ストレージ仮想化を解体しよう!

1-1

ストレージ仮想化とは

 ストレージの仮想化は、ベンダの異なる複数のストレージを仮想的にまとめ、1つのストレージプールとして利用するためのテクノロジーだ。企業内に分散するストレージを統合し、運用負荷の低減と利便性の向上を実現する。

図1 ストレージ仮想化とは
図1 ストレージ仮想化とは
■ストレージ利用におけるユーザ企業の悩み

 「IT製品解体新書」でストレージの仮想化をテーマとして採り上げるのは今回が初めてだ。そこで基礎的な内容ではあるが、まずはサーバからストレージを利用する際の、データの扱いについて簡単に触れておく。一般的にストレージ内のディスクは、データの管理単位としては「ボリューム」と呼ばれる。つまり“ディスク=ボリューム”ということだ(ディスクを論理的に分割したものの1つをボリュームと呼ぶ場合もある)。ボリュームには「ブロック」という単位でデータが書き込まれ、このブロックが複数集まって「ファイル」を形成する。データの大きさとしては、ブロック<ファイル<ボリューム(=ディスク)となる。
 次に、サーバからストレージを利用する場合、データの記憶領域はボリューム単位で割り当てられる。上で述べたように、ボリュームは物理的なディスクであり、サーバとストレージは1:1の対応関係にあるといえる。データの保管場所は、特定のハードウェアに固定されるということだ。仮にほかのストレージに空き容量があっても、筐体を超えてデータを書き込むことはできない。ここにユーザ企業の悩みがあった。

■ストレージの仮想化は、既にSANで実現されている?

 ここまで読んできて、「いや、それは、既にSANで解決できているんじゃないか?」と疑問に思った読者の方もいるのではないだろうか。結論を言えば、それは「No!」だ。
 確かにSANでは、複数のサーバからストレージの共有ができる。当然サーバに直接つながれたDASに比べて、柔軟性は高い。しかし、サーバに対する記憶領域の割り当てや容量の管理は、結局ストレージ個別に行う必要がある。
 もう少し詳しく言えば、SAN配下のストレージは、ファームウェアを搭載したコントローラを持ち、それが筐体内のディスクを管理しているが、ボリュームやデータの管理はこのコントローラの制約を受けることになる。物理的なハードウェアを越えられないという点で、SAN配下のストレージも、DASも何ら変わりはない。
 こうしたストレージ管理の課題を解決するのが、ストレージの仮想化だ。データの管理と運用をコントローラから切り離し、複数のストレージを仮想的に1つのストレージプールとして利用可能にする。SAN配下にあるストレージを、より効率よく活用するためのソリューションが、ストレージの仮想化だと言えるだろう。

■ストレージ仮想化の仕組み

 ストレージの仮想化では、実際のボリュームの上に、仮想的なボリュームが展開されることになる。仮想ボリュームは、物理的なストレージとの依存関係はなく、仮想化対象となる全てのストレージを包み込む。各ストレージ内の実ボリュームは、仮想ボリュームと対応関係を持ち、サーバには仮想ボリュームだけを見せる形だ。
 この仮想ボリュームの存在が、データを物理的なストレージから切り離し、分散していたストレージ群を1つのストレージプールとして扱うことを可能にする。サーバが意識するのは、仮想ボリュームだけでいい。アプリケーションからのI/Oは、仮想ボリュームを経由して、適切なストレージ内の実ボリュームへと分配されることになる。
 実ボリュームも、仮想ボリュームとの対応関係を変えることで、その場所を柔軟に変更することができる。つまり特定のストレージ筐体の束縛から解放されるのだ。

図2 ストレージ仮想化の概念図
図2 ストレージ仮想化の概念図
資料提供:ファルコンストア・ジャパン

 こうした一連の仕組みを実現するのが、ストレージ仮想化製品である。詳しくは選び方ガイドで解説しているが、製品タイプとしては、汎用サーバにソフトウェアを搭載して実現するもの、アプライアンスとして提供されるもの、SANスイッチと一体になっているものに分類できる。当記事では各々、「ソフトウェア型」、「アプライアンス型」、「スイッチ一体型」と呼ぶことにする。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

ストレージ仮想化/これからはじめる「ストレージ仮想化」入門」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ストレージ仮想化」関連情報をランダムに表示しています。

ストレージ仮想化」関連の製品

「Nutanix on UCS」完全ガイド:AcropolisとPrismが動作する仕組みを徹底解説 【ソフトバンク コマース&サービス】 ゆうちょ銀行が財務会計システム刷新、オールフラッシュで業務スピードアップ 【日本アイ・ビー・エム】 「HCI」に抱かれがちな3つの“懸念”は、今でも“懸念”のままなのか? 【ヴイエムウェア株式会社】
垂直統合型システム サーバー仮想化 垂直統合型システム
「Nutanix on UCS」完全ガイド:AcropolisとPrismが動作する仕組みを徹底解説 ゆうちょ銀行が財務会計システム基盤にオールフラッシュストレージを採用。安定稼働するアプリケーションはそのままに、3つの「プラスα」を実現した導入事例を紹介する。 「HCI」に抱かれがちな3つの“懸念”は、今でも“懸念”のままなのか?

ストレージ仮想化」関連の特集


サーバーにストレージ、ネットワークやデスクトップ…これら“仮想化”の違い、説明できますか!?今では一…



急成長を続けるハイパーコンバージドシステム、市場から求められる理由とともに主要ベンダの動向について徹…



システム全体の運用のあり方を見据えたうえで導入を検討すべきサーバ仮想化。ここでは仮想化導入後に気にな…


ストレージ仮想化」関連のセミナー

【広島】AIによる予測分析で可用性99.9999%以上のAIストレージ 【日本ヒューレット・パッカード/オープンソース活用研究所】 締切間近 

開催日 4月25日(水)   開催地 広島県   参加費 無料

【ビジネスで重要になる「データを高速かつ安定供給」するということ】ビジネスのデジタル化やクラウド化が進み、IT基盤の安定性が今までにも増して求められている中、「…

データを中心に据えたクラウドサービスとその価値について考える 【主催:ネットアップ/協賛:エクイニクス・ジャパン/日本マイクロソフト/協力:オープンソース活用研究所(マジセミ)】 締切間近 

開催日 4月26日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

【多くの企業がマルチクラウドを採用】企業が複数のパブリッククラウドを活用するマルチクラウド、オンプレミス環境と併用するハイブリッドクラウドという考え方は、広く活…

東京大学 江崎教授が提唱する、企業IT基盤の「爆縮」とは 【マイナビ】 締切間近 

開催日 4月24日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

【データ量と計算量】人工知能(AI)やビッグデータの活用、IoTの普及などの変化の中、データ量と人工知能に代表される計算量がビジネスの源泉として認識されるように…

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ストレージ仮想化/ これからはじめる「ストレージ仮想化」入門」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ストレージ仮想化/ これからはじめる「ストレージ仮想化」入門」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30003449


IT・IT製品TOP > ストレージ > ストレージ仮想化 > ストレージ仮想化のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ