2010年春「モバイルPC」最新トレンドに迫る

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎をきちんと理解! IT製品解体新書

2010年春「モバイルPC」最新トレンドに迫る

2010/02/22


 企業で使用するPCとしてモバイルノートPC(以下、モバイルPC)は、人気が高い。現在市場では、価格の安いネットブックに注目が集まっているが、業務アプリケーションを頻繁に利用するビジネス用途にしてはやや性能不足の感も否めない。だからこそ、新たなCPUの登場でデスクトップPC並みの性能を堅持しながら、バッテリ性能の向上によって長時間使い続けることが可能なモバイルPCに対する需要は増加している。
 そこで、今回はノート型のPCの中でもモバイル用途に活用されるモバイルPCを中心に、その最新トレンドを紹介する。また「IT製品選び方ガイド:モバイルPC特集」では、製品スペック以外で各社の特徴が出てきやすい「商品設計の考え方」に重点を置き、モバイルPCの選択ポイントを紹介しているので併せてご参照いただきたい。

モバイルPC

※「モバイルPC/2010年春「モバイルPC」最新トレンドに迫る」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「モバイルPC/2010年春「モバイルPC」最新トレンドに迫る」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

モバイルPCの選び方ガイドへ


1

モバイルPCを解体しよう

1-1

モバイルPCの基本スペック

 ノート型のPCは、その形状や用途に応じて様々な呼ばれ方をする。各社の製品カテゴリでは、オフィスの机の上で作業することに主眼が置かれた「A4ノートPC」と、持ち運びに便利なB5サイズでおよそ12.1〜13.3インチの液晶ディスプレイが備わった「モバイルPC」、タッチパネル式の液晶ディスプレイを持つ「タブレットPC」、そしてAtomを搭載した安価な「ネットブック」がおおよその区分となる。今回取り上げるのは、需要が拡大しているモバイルPCをターゲットにする。なお、法人モデルのPCはカスタム対応が前提となっており、スペックにはばらつきがあることをご理解いただきたい。

表1 ノートPCの区分及び基本的なスペック
表1 ノートPCの区分及び基本的なスペック

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

モバイルPC/2010年春「モバイルPC」最新トレンドに迫る」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「モバイルPC」関連情報をランダムに表示しています。

モバイルPC」関連の製品

リモートアクセスサービス OneOffice スマートコネクト 【TOKAIコミュニケーションズ】 モバイルPC 盗難・紛失対策サービス 【日立ソリューションズ】 遠隔データ消去 クラウドサービス 「TRUST DELETE Biz」 【ソフトバンク コマース&サービス】
リモートアクセス MDM リモートアクセス
インターネットを使って、社外のモバイルPCやタブレットから、
オフィス内PCを遠隔操作する、日額従量課金制のリモートアクセスサービス。
モバイルPCに対してリモートロックやリモートワイプ等によるセキュリティ対策を提供。盗難にあったPCの回収支援も行う。 盗難・紛失したモバイルPC・タブレットのデータを遠隔消去できるクラウドサービス。ロック機能や位置情報取得機能なども装備し、情報漏えいのリスクから企業を守る。

モバイルPC」関連の特集


量販店で売れている人気製品はどれ?今月は「会計・財務ソフト」の年間ベストセラーを調査!



客先に足を運んで、限られたスペースと時間でプレゼンテーションを行うという状況はかなりあります。ここで…



クライアント管理の有力な解決策として期待を集めるデスクトップ仮想化。メリットは何か?課題はないのか?…


「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

モバイルPC/ 2010年春「モバイルPC」最新トレンドに迫る」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「モバイルPC/ 2010年春「モバイルPC」最新トレンドに迫る」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30003445


IT・IT製品TOP > PC > ノートパソコン > ノートパソコンのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ