「広域イーサネットサービス」選択の知恵

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗できないアナタを応援します IT製品選び方ガイド

「広域イーサネットサービス」選択の知恵

2010/02/15


 景気が低迷している今、ネットワークコストをいかに下げるか、考えている企業も多いだろう。その1つの候補として注目を集めているのが広域イーサネットサービスである。しかしながら、ほかにもインターネットVPNやIP-VPNといったWANサービスも存在している。広域イーサネットはこれらのサービスと何が違うのか、IT製品解体新書で明らかにした点を考慮しながら、自社に合うWANサービスをどう選んでいけばよいのか、選択する際のポイントを紹介していこう。

広域イーサネット

※「広域イーサネット/「広域イーサネットサービス」選択の知恵」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「広域イーサネット/「広域イーサネットサービス」選択の知恵」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

広域イーサネットの基礎解説へ
広域イーサネットシェア情報へ


1

どのWANサービスを選ぶのか

 広域イーサネット以外にもIP-VPNやインターネットVPNといったWANサービスがある。まずは3つのサービスを選び分けするポイントから紹介していこう。

1-1

サービス品質をどこまで求めるか

 まず検討したいのが、ネットワークの信頼性をどこまで求めるのかという点だ。例えば専用線からのリプレースの場合、専用線まではいかなくてもそれに準ずる程度の信頼性は求めたいと考えるはず。高信頼性を求めるのであれば、選択肢は広域イーサネットかIP-VPNとなる。IT製品解体新書でも解説したように、インターネットVPNは中継網に公衆網であるインターネットを使う。もちろんセキュリティ技術は施されてはいるものの、誰もが使うインターネットだけに、セキュリティのリスクは閉域網を利用する広域イーサネットやIP-VPNに比べると高まってしまう。また、サービスの品質(利用可能な通信帯域、遅延時間、到達可能性)という点でもインターネットVPNは広域イーサネットやIP-VPNに劣る。というのも中継網として使うインターネットはベストエフォート型だが、広域イーサネットやIP-VPNでは利用可能な通信帯域の保証がなされているのが一般的だからだ。
 専用線に近い信頼性を求めるというのであれば、広域イーサネットもしくはIP-VPNを選びたい。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

広域イーサネット/「広域イーサネットサービス」選択の知恵」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「広域イーサネット」関連情報をランダムに表示しています。

広域イーサネット」関連の特集


基本機能、導入検討の際の盲点など、イチからきっちり解説します。サーバ統合時には欠かせないツールとなり…



ネットワークの中継機器ルータ。昨今のビジネス環境の変容を受けてルータもどのように進化しているのか?最…



製品が充実し、低価格化もかなり進んできたことから導入しやすい環境が整ってきた「レイヤー3スイッチ」。…


「広域イーサネット」関連の特集


2009年度の市場が、数量で28万400回線、前年比6.9%増だった「広域イーサネットサービス」。同…



リプレイスや既存ユーザの拠点追加などの需要獲得により拡大している「広域イーサネットサービス」シェア情…



IP-VPNと機能的には違いがなくなりつつある「広域イーサネット」。しかし、広域イーサネットの導入が…


「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

広域イーサネット/ 「広域イーサネットサービス」選択の知恵」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「広域イーサネット/ 「広域イーサネットサービス」選択の知恵」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30003444


IT・IT製品TOP > 通信サービス > 広域イーサネット > 広域イーサネットのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ