今こそおさらい!「広域イーサネット」特集

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎をきちんと理解! IT製品解体新書

今こそおさらい!「広域イーサネット」特集

2010/02/15


 昨今の景気低迷の影響により、企業のシステム投資・ネットワーク投資もスリム化が続いている。そんな中、広域イーサネットサービスにはより安価なエントリー型サービスが登場し、WANのリプレースを検討するユーザが増えてきている。そこで今回は、改めて広域イーサネットとはどんなサービスか、また他のWANサービスに比べて何が特徴かなど基本的な概要を整理するとともに、最新動向を解説していく。サービスの選び方については「IT製品選び方ガイド」で解説しているので、そちらもぜひ参考にしてほしい。

広域イーサネット

※「広域イーサネット/今こそおさらい!「広域イーサネット」特集」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「広域イーサネット/今こそおさらい!「広域イーサネット」特集」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

広域イーサネットの選び方ガイドへ
広域イーサネットシェア情報へ


1

広域イーサネットを解体しよう!

1-1

広域イーサネットサービスとは

 広域イーサネットサービスとは、イーサネットフレーム(イーサネットによる通信の際に使われるデータフォーマット)を透過的に転送して遠隔地を接続するWANサービスのこと。ご存知のようにイーサネットは一般的にLAN構築に用いられている技術規格だが、その転送技術をWANに応用したのが、広域イーサネットサービスなのだ。ユーザからは、複数拠点のLANを1つに統合し、あたかも1つの巨大なLANとして使っているように見える。

■広域イーサネットの仕組み

 まずは広域イーサネットの仕組みを説明しよう。拠点ごとに通信事業者が提供する中継網(イーサネット網)に接続、その入り口にはスイッチが設置されており、そこで通信データの送り先を識別するタグをイーサネットフレーム(送信データ)に付与する。中継網の出口でも入り口同様スイッチが設置されており、そのスイッチがタグを見て、送り先を判断する。このような方法を用いて複数のユーザが利用している中継網内に、仮想の専用ネットワーク(VPN)を構築するのである。

図1 広域イーサネットの仕組み
図1 広域イーサネットの仕組み
■VPN構築で採用されている3つの技術

 VPNの構築で一般的に採用されているスイッチの技術がVLAN(Virtual LAN)である。VLAN以外のユーザごとのVPNを構築する技術として、EoE(Ether over Ether)やVPLS(virtual private LAN service)がある。

1.

VLAN
 VLANとは端末の持つMACアドレスやIPアドレス、利用するプロトコルに応じてグループ化する、スイッチが提供する機能。広域イーサネットではイーサネットフレームにタグを二重に付与する拡張VLAN(スタックドVLAN)技術が使われることが多い。

2.

EoE
 EoEはイーサネットフレームを通信事業者のイーサネットフレームでカプセル化し、そのあて先を出口にあるスイッチのMACアドレスに指定するという技術。

3.

VPLS
 VPLSはMPLS(Multi-Protocol Label Switching)を拡張した技術で、パケットに転送路を識別するラベルをつけ、そのラベルに基づいてあて先となるPEルータ(通信事業者が網端に設置し、アクセス回線を収容するルータ)に高速転送する技術である。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

広域イーサネット/今こそおさらい!「広域イーサネット」特集」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「広域イーサネット」関連情報をランダムに表示しています。

広域イーサネット」関連の特集


ピーク・スループットなら100倍以上の高速化も夢じゃない?話題の「WAN高速化機器」の基本的な仕組み…



データを運ぶネットワーク機器「ルータ」の次世代のあるべき姿を探ります。ルータの基本機能と進化するLA…



2012年度、1700億円超と見込まれる同市場。クラウド利用時の利便性や信頼性ニーズを獲得し、1位と…


「広域イーサネット」関連の特集


2014年度は数量ベース45万回線、金額ベース2889億円と見込まれた広域イーサネットサービス市場。…



2015年度は、金額が3089億円、数量が約49万回線と見込まれた広域イーサネット市場。27.2%の…



リプレイスや既存ユーザの拠点追加などの需要獲得により拡大している「広域イーサネットサービス」シェア情…


「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

広域イーサネット/ 今こそおさらい!「広域イーサネット」特集」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「広域イーサネット/ 今こそおさらい!「広域イーサネット」特集」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30003443


IT・IT製品TOP > 通信サービス > 広域イーサネット > 広域イーサネットのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ