この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

フォレンジックツール

2009/11/24


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、富士キメラ総研の情報を元に、フォレンジックツールのシェア情報をご紹介しよう。

 富士キメラ総研の調べによれば、2008年度のフォレンジックツール市場は、日本版SOX法への対応が市場拡大の起爆剤として期待されていたが、期待ほどの成長は見られず、26億円規模となった。景気悪化により新規需要は減少しているが、コンプライアンス強化目的の需要は依然根強く、また市場立ち上がり当初に導入したユーザのリプレイス時期となるため、2009年度は前年対比15.4%増の30億円と成長が見込まれる。2010年度以降もリプレイス需要に加え、ネットワーク高速化にともなうハイエンド製品への移行が原動力となり、市場は拡大を続けると予測されている。
 2008年度の市場占有率を見ると、大規模/高速ネットワークに対応したツールとして、ハイエンドモデルの販売が好調なベンダが、金額ベースで30.0%を獲得し1位となった。また26.2%で2位のベンダは、価格競争力を強みに数量ベースではシェア44.9%で1位となった。金額/数量とも、3位には低価格化と省スペース化を実現した新製品を2009年度に発売したベンダが続いている。4位のベンダは、キャプチャ精度の高さと安定性を特徴として大規模ユーザを中心に獲得が進んでおり、高い成長が見込まれる。
 本格的な市場成長期には至っていないが、潜在性は高い市場であるといえる。現在は事故後の対応に主眼が置かれており、ただ導入しているだけの場合も多いため、次の段階として事前の防止措置など情報を活用する製品へ進化が求められる。

フォレンジックツールシェア

フォレンジックツールシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ

フォレンジック/「フォレンジックツール」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「フォレンジック」関連情報をランダムに表示しています。

フォレンジック」関連の製品

次世代標的型攻撃対策製品「RedSocks Malware Threat Defender」 【ネットワールド】 ランサムウェア対策や情報漏えい対策に失敗した企業は、何が間違っていたのか? 【ダイワボウ情報システム+他】 ネットワーク監視システム 「PacketBlackHole」 【ギガ+他】
その他ネットワークセキュリティ関連 SDN フォレンジック
全てのアウトバウンド・トラフィックを監視し、標的型攻撃による情報漏洩の危機となる通信を、リアルタイムに検知・通知可能なハードウェアアプライアンス。 サイバー攻撃による情報漏えいや業務停止といった被害が後を絶たない。多くの企業は“鉄壁な防御”を目指して対策を進めているはずなのに、なぜ被害がなくならないのか。 社内・社外へ流れる通信データを取得・保存し、その中身の解析・再現。情報漏えいの抑止と事件発生時の迅速な証拠発見を可能にする。

フォレンジック」関連の特集


 前回は標的型攻撃に悪用されるマルウェアについて解説した。一般的な標的型メールを利用した攻撃では、ト…



世間を騒がせている不正アクセスやハッキング被害…。なりすましや脆弱性の利用によるシステム乗っ取りなど…



 最終回となる今回は、サイバー攻撃とSNSの関係について考察する。「SNS」と「サイバー攻撃」・・こ…


「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

フォレンジック/ 「フォレンジックツール」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「フォレンジック/ 「フォレンジックツール」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30003414


IT・IT製品TOP > 運用管理 > フォレンジック > フォレンジックの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ