この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

WCMパッケージ

2009/11/10


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、ミック経済研究所の情報を元に、WCMパッケージのシェア情報をご紹介しよう。

※「CMS/「WCMパッケージ」シェア」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「CMS/「WCMパッケージ」シェア」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

CMSの選び方ガイドへ
CMSの基礎解説へ

 ミック経済研究所の調べによれば、2008年度のWCM(Web Content Management)パッケージ市場は、前年対比5.2%増の32.1億円となった。効率化による費用対効果と、売上拡大のツールとしての訴求が拡がっており、2009年度は5.0%増の33.7億円と堅調な拡大が見込まれている。ASP/SaaS(Software as a Service)での出荷金額は、2008年度/2009年度ともに拡大していき、2009年度には導入ウェイトが10%を上回ると予想される。
 2008年度の市場占有率(出荷金額ベース)を見ると、アシストが23.1%で1位となった。下期から不況の影響を受け、出荷金額はほぼ横ばいとなったが、2009年度は各種業種や業務に特化したテンプレート化パッケージの提供を促進することで、出荷金額の伸長が見込まれる。
 シェア20.2%で2位のインターウォーブン・ジャパンはSIerや制作会社との連携の土台構築や、ROI支援の訴求を進めた結果、出荷金額を伸ばし、WCM市場の拡大を牽引した。多変量テスト製品と連携したソリューションの提供が可能で、効率化とともにユーザの売上拡大につながるWCMとして提案していく。
 3位の彼方は出荷金額が横ばいとなったが、TCO削減の訴求と中規模市場の開拓を進めることで売上の拡大を狙う。4位には操作画面での使いやすさを製品の特長とするパナソニックソリューションテクノロジーが、5位には大規模案件への着手が可能となったことで売上を拡大させたミックスネットワークが続いている。

WCMパッケージシェア

WCMパッケージシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ

CMS/「WCMパッケージ」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CMS」関連情報をランダムに表示しています。

CMS」関連の製品

タブレット用 ギャラリーアプリサービス 「VISIBOARD」 【ソフトバンク コマース&サービス】 CMSソフトウェア Movable Type 【シックス・アパート】 今から始めるB2Bサイト構築──Webで問い合わせを作る方法 【イノーバ】
ファイル共有 CMS CMS
製品紹介やプロモーションビデオなどをセットアップし、スタイリッシュに紹介できる、タブレット用のアプリサービス。コンテンツはクラウドCMSにて一括管理が可能。 効率的なウェブサイト運用を実現する、国内シェアNo.1のCMSプラットフォーム。安心のセキュリティ、豊富なソリューションで、小中規模からエンタープライズまで対応。 今から始めるB2Bサイト構築──Webで問い合わせを作る方法

CMS」関連の特集


IPAが「情報セキュリティ10大脅威」2016年版を公開しました。企業を襲う脅威をまとめた「組織」編…



 ここ数年、モバイル業界は、驚異的な成長を遂げています。世界的なスマートフォンの売上は、10億6千万…



今やTV以上の影響力か?と言われるぐらい普及した「ブログ」。芸能人も政治家も全てを巻き込んで時代を動…


「WEB構築」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

CMS/ 「WCMパッケージ」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「CMS/ 「WCMパッケージ」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30003405


IT・IT製品TOP > WEB構築 > CMS > CMSの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ