この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

統合開発環境

2009/10/27


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、富士キメラ総研の情報を元に、統合開発環境のシェア情報をご紹介しよう。

 富士キメラ総研の調べによれば、統合開発環境市場は、既存ユーザのリプレイス需要を中心に推移しており、ライセンス/サポート料を合計した2008年度の市場規模は136億円となった。景気低迷によるシステム開発案件の減少から、市場は若干縮小しており、2009年度は前年対比2.9%減の132億円と見込まれている。
 過去にはOSS(オープンソースソフトウェア)の台頭による市場への影響があったものの、OSSツールのみでのシステム開発は、生産性やコスト面で非効率との認識も広まっており、縮小傾向は落ち着きつつある。今後は、活発化しつつあるSaaSビジネスに向けた開発案件が需要を拡大させていくものと予想される。 2008年度の市場占有率を見ると、数量/金額ベースでともに1位となったベンダが、数量で58.8%、金額で55.1%を獲得し、市場を牽引している。同社が今後発売予定の製品では、.NET Framework 4.0に対応し、リッチインターフェース実装のための機能や、SOA実装のためのフレームワークの強化、マルチコアに対応した並列プログラミングの実現などを提供する。
 また数量で2位のベンダは、買収したツール群を拡販し、PHPやRubyなどのビジネス向け需要開拓を進めているほか、C++などの対応製品も中核プロダクトとして展開を継続していく。DBツールやモデリングツールと合わせた提供も可能となり、市場全体が減少傾向にある中でも需要増加が見込まれる。

統合開発環境シェア

統合開発環境シェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

統合開発環境/「統合開発環境」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合開発環境」関連情報をランダムに表示しています。

統合開発環境」関連の製品

Visual Studio用開発支援ツール ComponentOne Studio 【グレープシティ】 業務システム開発の部品組み立て型開発基盤 「楽々Framework3」 【住友電工情報システム】 ビジネスとITの橋渡しをする Mendix App Platform 【ビルドシステム】
開発環境/BaaS 開発ツール 開発ツール
Visual Studioで利用する複数のコンポーネントを搭載、多様なプラットフォームで利用可能なオールインワン開発支援ツール。
年3回の機能更新で、常に最新の開発環境を提供。
データ中心設計(DOA)による徹底した標準化により、開発、保守工程の生産性向上を支援する部品組み立て型の開発基盤。小規模開発から大規模基幹システムまで幅広く対応。 デジタルイノベーションをビジネスに取り込み、アイデアを素早く形にするには、開発・運用体制が肝になる。アジャイル化、内製化を推し進めるプラットフォームとは。

統合開発環境」関連の特集


ソフトウェア開発を効率的かつ高品質に行うために欠かせない構成・変更管理ツール。基礎をおさえてデグレー…



ストレージ間を結ぶ高速ネットワーク「SAN」!ここにきてSMB市場をターゲットにした低価格の製品ライ…



記録媒体内の情報を消去する必要性があるのはご存じの通り。でも「HDDとSSDってデータ消去の違いがあ…


「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

統合開発環境/ 「統合開発環境」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「統合開発環境/ 「統合開発環境」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30003403


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発環境/BaaS > 開発環境/BaaSの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ