暗号の安全性 〜「暗号が破られた!」とは?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    神田 雅透
    Masayuki Kanda
    (独)情報処理推進機構(IPA) セキュリティセンター研究員
    日本電信電話(株)入社後、情報セキュリティ・暗号研究開発に従事。現NTT情報流通プラットフォーム研究所主任研究員。2009年8月よりIPA非常勤研究員として主にCRYPTREC事務局を担当。第53回前島賞等受賞。
2009/10/13
暗号の安全性 〜「暗号が破られた!」とは?

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「暗号の安全性 〜「暗号が破られた!」とは?」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


暗号 2010年問題/暗号の安全性 〜「暗号が破られた!」とは?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号 2010年問題」関連情報をランダムに表示しています。

暗号 2010年問題」関連の特集


どんな機能が備わっているのか、拡張性はどうかなど、製品導入時に注意すべき項目を、「L7スイッチ」だけ…



 「暗号」と「2010年」の2つのキーワードから連想するものと言えば、「暗号の2010年問題」であろ…



基本機能から暗号の2010年問題への対応、クラウドを見据えた仮想化戦略まで、「L7スイッチ」の全貌を…


「暗号化」関連の製品

Thales HSM (ハードウェアセキュリティモジュール) 【タレスジャパン】 セキュリティUSBメモリ作成ソフト InterSafe SecureDevice 【アルプス システム インテグレーション】 Linuxサーバデータ暗号化ソリューション SERVER GENERAL 【ソフトエイジェンシー】
暗号化 暗号化 暗号化
鍵のライフサイクル管理と暗号処理を行う製品。信頼の要となる鍵をソフトウェアから分離して強力に保護することが可能。強固な鍵管理により企業の「信頼」を守る。 ・汎用のUSBメモリを、管理コンソールでカスタマイズしてセキュリティ機能をつけたものに変換。
・USBメモリの有効期限超過時にはデータの破棄機能も搭載。
導入も簡単で透過的な、Linuxサーバデータ暗号化ソリューション。
鍵管理や権限別アクセス管理などが容易に実現でき、情報セキュリティの運用負荷を大幅に軽減する。

「暗号化」関連の特集


エンタープライズ分野で、かつて一世を風靡していた「モビリティ」とは、ブラックベリーが開発した「メール…



いよいよ全面施行となった「個人情報保護法」。法律制定後、準備期間が与えられていましたが、まだ十分に対…



情報漏洩事件が相次いで発生し、企業における情報セキュリティの高まりとともに検討が進む暗号化。その中で…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30003390


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ