セキュリティの客観性と第三者評価とは

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    栗田 博司
    Hiroshi Kurita
    (独)情報処理推進機構(IPA) CC普及分科会委員
    (株)日立製作所 ソフトウェア事業部
    1999年から情報セキュリティ評価及び認証制度設立に携わる。ベンダとしてのセキュリティ脆弱性問題への対応、セキュアな製品開発プロセスを推進。
2009/09/08
セキュリティの客観性と第三者評価とは

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「セキュリティの客観性と第三者評価とは」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


コモンクライテリア/セキュリティの客観性と第三者評価とは」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「コモンクライテリア」関連情報をランダムに表示しています。

コモンクライテリア」関連の特集


 前回は、コモンクライテリア(ISO/IEC15408)の概要と意義について紹介した。今回は、「CC…



情報漏洩の大半が内部犯行によるデータベースの不正使用が原因。実際の事件を教訓に、DBセキュリティへの…



 今回はコモンクライテリア(Common Criteria:以後CCと呼ぶ)に対する、政府機関やIT…


「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の製品

Webシステム ファイル持ち出し防止 「ファイルプロテクト for IIS」 【ハイパーギア】 深刻なセキュリティ技術者不足を解消する、富士通の社内育成とは 【富士通】 クラウド型セキュリティサービス InterSafe GatewayConnection 【アルプス システム インテグレーション】
その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連
Windows Server OSでIISを利用したWebシステムに連携。ファイルはそのままでユーザがファイルを参照するタイミングに持ち出し禁止や印刷禁止のPDFをオンデマンド生成する。 深刻なセキュリティ技術者不足をどう解消する? 富士通が実践する社内育成とは クラウドゲートウェイで多層防御を実現するWebセキュリティサービス。振る舞い検知を含む脅威インテリジェンスを活用した通信遮断とWebフィルタリングをクラウドで提供。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の特集


紛失・盗難を完璧に防ぐ方法はないからこそ情報漏洩リスクを最低限にする対策が必要。今回は予防策と事後対…



 前回は「ソースコードセキュリティ検査の概要と特長」を説明した。今回はソースコードセキュリティ検査の…



業務停止だけでなく情報漏洩にも発展しかねない危険を呼び込む業務アプリケーションの脆弱性。狙われやすい…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30003379


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ