セキュリティの客観性と第三者評価とは

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    栗田 博司
    Hiroshi Kurita
    (独)情報処理推進機構(IPA) CC普及分科会委員
    (株)日立製作所 ソフトウェア事業部
    1999年から情報セキュリティ評価及び認証制度設立に携わる。ベンダとしてのセキュリティ脆弱性問題への対応、セキュアな製品開発プロセスを推進。
2009/09/08
セキュリティの客観性と第三者評価とは

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「セキュリティの客観性と第三者評価とは」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


コモンクライテリア/セキュリティの客観性と第三者評価とは」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「コモンクライテリア」関連情報をランダムに表示しています。

コモンクライテリア」関連の特集


 前回は、暗号技術に関する政府の取り組みと、サイドチャネル攻撃の具体例について紹介した。今回は、暗号…



 前回までは、ソフトウェアベンダとしての製品のセキュリティ確保への取り組み、コモンクライテリアなどの…



警視庁、市役所、大学病院のシステムを止めた脅威の「ウイルスLAN内感染」!実際の事件と、対策を徹底解…


「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の製品

超高速秘密分散ソリューション 「SYMPROBUS Divide API」 【アクモス】 「セキュリティイノベーター」がビジネスを動かす、IoT時代に欠かせない人材とは 【富士通株式会社】 デバイスの利用禁止/接続先ネットワークの制限 秘文 Device Control 【日立ソリューションズ】
その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連
電子ファイルを解読不能な断片に超高速で分散するクラウドAPIサービス。暗号化とは異なり、断片ファイルが漏えいしても解読は不可能。DR対策や複数人認証にも応用できる。 「セキュリティイノベーター」がビジネスを動かす、IoT時代に欠かせない人材とは スマートフォン、USBメモリなど様々なデバイスの利用を制限
Wi-Fi制御、VPN利用の強制
マルウェア対策製品と連携し、感染PCのネットワーク通信を自動遮断、感染拡大を防止

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の特集


投資を厳選しながらセキュリティ管理のPDCAを回す体制づくりとは?中小企業に注目し、今実施すべきセキ…



はたして貴社は「個人情報なんて持っていない」と言い切れますか? 持っていないことを証明できますか? …



 前回までは、ソフトウェアベンダとしての製品のセキュリティ確保への取り組み、コモンクライテリアなどの…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30003379


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ