“大規模感染”発生時の復旧コストを試算!

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    小松 優介
    Yusuke Komatsu
    トレンドマイクロ株式会社 Senior Threat Research Engineer
    2007年に設立されたThreat Monitoring Centerにて、国内の
    脅威動向の監視・調査業務に携わり、主にP2Pネットワーク上の不正プログラムの収集活動を行う。現在は、顧客向け脅威分析レポートの作成に携わる。
2009/09/29
“大規模感染”発生時の復旧コストを試算!

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「“大規模感染”発生時の復旧コストを試算!」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


不正プログラム/“大規模感染”発生時の復旧コストを試算!」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「不正プログラム」関連情報をランダムに表示しています。

不正プログラム」関連の特集


企業の脆弱性を狙うサイバー攻撃が増加傾向にある現在。高い精度で検知・防御が可能なIPS製品への注目が…



 前回までは、現在の脅威の傾向から従来の対策の課題を振返り、そして従来の対策を補う新しい手法を紹介し…



ランサムウェアの被害件数が過去最大といえるレベルまで拡大しています。トレンドマイクロによれば、201…


「アンチウイルス」関連の製品

マルチエンジン型ウイルス対策ソフトウェア 「Metascan」 【ネクスト・イット】 テレワーク導入の勘所――生産性と安全性を両立するための必須機能とは? 【コネクトワン】 ランサムウェア感染で身代金を払わないための「6つのヒント」 【Commvault Systems Japan】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
最大30種類のウイルススキャンエンジンを動作させ、マルウェアの検出率を最大限に高めたウイルス対策ソリューション。インターネット接続ができない閉環境でも使用が可能。 テレワーク導入の勘所――生産性と安全性を両立するための必須機能とは? ランサムウェア感染で身代金を払わないための「6つのヒント」

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30003377


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ