“大規模感染”発生時の復旧コストを試算!

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    小松 優介
    Yusuke Komatsu
    トレンドマイクロ株式会社 Senior Threat Research Engineer
    2007年に設立されたThreat Monitoring Centerにて、国内の
    脅威動向の監視・調査業務に携わり、主にP2Pネットワーク上の不正プログラムの収集活動を行う。現在は、顧客向け脅威分析レポートの作成に携わる。
2009/09/29
“大規模感染”発生時の復旧コストを試算!

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「“大規模感染”発生時の復旧コストを試算!」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


不正プログラム/“大規模感染”発生時の復旧コストを試算!」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「不正プログラム」関連情報をランダムに表示しています。

不正プログラム」関連の製品

Trend Micro Mobile Security 【ソフトバンク コマース&サービス】 紙に依存したプロセスは、ビジネスにおいて足かせになるか 【アドビ システムズ 株式会社】
MDM PDFソフト
ウイルス、スパイウェア、不正アクセスなどの脅威防止に加え、認証&暗号化技術で紛失・盗難時の情報漏洩えいを防ぐ、スマートフォン総合セキュリティ製品。 なぜPDFが再注目? 「脱・紙依存」だけじゃない一歩進んだ情報伝達術

不正プログラム」関連の特集


 これまで本連載において、第1回目では、不正プログラムの増加とスピードの変化、第2回目ではパターンマ…



業務においてPCやスマホ、タブレットが活用されている。これは「エンドポイントセキュリティ」の重要性が…



年々深刻な被害が報告されるようになっているSQLインジェクション。JSOC、IPAのレポートをもとに…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30003377


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ