流行のマルウェア「Gumblar攻撃」とは!?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    小松 優介
    Yusuke Komatsu
    トレンドマイクロ株式会社 Senior Threat Research Engineer
    2007年に設立されたThreat Monitoring Centerにて、国内の
    脅威動向の監視・調査業務に携わり、主にP2Pネットワーク上の不正プログラムの収集活動を行う。現在は、顧客向け脅威分析レポートの作成に携わる。
2009/09/08
流行のマルウェア「Gumblar攻撃」とは!?

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「流行のマルウェア「Gumblar攻撃」とは!?」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


マルウエア/流行のマルウェア「Gumblar攻撃」とは!?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「マルウエア」関連情報をランダムに表示しています。

マルウエア」関連の製品

接続先ネットワークの制限/デバイスの利用禁止 秘文 Device Control 【日立ソリューションズ】 クライアント運用管理ソフトウェア SKYSEA Client View 【Sky】 法人向けオンラインストレージ DirectCloud-BOX 【ダイレクトクラウド】
その他エンドポイントセキュリティ関連 IT資産管理 オンラインストレージ/ファイルストレージ
デバイスやWi-Fiの利用を制限し、エンドポイントからの情報漏洩を防止。
スマートフォン、USBメモリなど様々なデバイスの利用を制限。
Wi-Fi制御、VPN利用の強制機能も搭載。
使いやすさを追求したクライアント運用管理ソフトウェア。「ログ管理」や「IT資産管理」など必要な機能を標準装備し、専門知識がない人でも簡単に扱える点が魅力。 社内外でファイルを効率よく安全に共有・管理できる「ユーザ数無制限」の法人向けオンラインストレージ。「セキュリティ」と「利便性」の両立を追求し生産性の向上を実現。

マルウエア」関連の特集


PCが持ち運びやすくなれば、紛失や盗難の危険性も増す。そこでインテルとマカフィーは共同で、Ultra…



 今回もシグネチャ型、シグネチャレス型の多層防御により標的型攻撃対策を実施している事例を紹介する。



 前回は、ノマドワーキングにおいてセキュリティ脅威となる可能性がある「ネットワークを介した攻撃」と、…


マルウエア」関連のセミナー

ランサムウェア被害をAIを使ったエンドポイントで防御! 【エムオーテックス/Cylance Japan】 注目 

開催日 2月6日(月)   開催地 愛知県   参加費 無料

昨年発生した米連邦政府の人事管理局(OPM)から2150万人もの職員情報が流出した事件について、今年9月に報告書が公開されました。そこには流出を発見できた経緯と…

ランサムウェア被害をAIを使ったエンドポイントで防御! 【エムオーテックス/Cylance Japan】 注目 

開催日 2月3日(金)   開催地 福岡県   参加費 無料

昨年発生した米連邦政府の人事管理局(OPM)から2150万人もの職員情報が流出した事件について、今年9月に報告書が公開されました。そこには流出を発見できた経緯と…

サイバー攻撃の85%を予防できる「5つの緩和策」とは 【主催:ソフトバンク コマース&サービス/共催:エムオーテックス/フレクセラ・ソフトウェア】 注目 

開催日 2月17日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

一般家庭のセキュリティは、窓やドアの鍵を万全にした上で、より強固にするために警備会社の警備システムを導入します。企業のセキュリティはどうでしょう?さまざまな機材…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30003375


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ