この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2009/12/11
偉人の遺伝子をEasyに読み解く!キーマン列伝
#019コンピュータの真祖 〜チャールズ・バベッジ氏

 コンピュータという実際に動く機械が誕生したのは、第2次世界大戦前後のことというのは皆さんご存じのことだろう。しかし、コンピュータの設計自体はそのはるか昔、19世紀に誕生していたと聞いたら、耳を疑うのではないだろうか?

 だが実際に、初期のコンピュータと同等の概念が、今から150年以上前のイギリスで生み出されていたのだ。そんな「コンピュータの真祖」ともいえるキーマンこそが、チャールズ・バベッジ氏(以下敬称略)である。

チャールズ・バベッジ氏
1791年
イギリス・ロンドンにて誕生
1810年
ケンブリッジ大学へ入学
1822年
階差機関を考案
1833年
階差機関の開発を断念
1834年
解析機関を考案
1871年
ロンドンにて死去。享年79歳

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズ列伝/ コンピュータの真祖 〜チャールズ・バベッジ氏」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「キーマンズ列伝/ コンピュータの真祖 〜チャールズ・バベッジ氏」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「キーマン列伝」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30003367



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ