この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2009/12/04
偉人の遺伝子をEasyに読み解く!キーマン列伝
#018WindowsとUNIXのルーツ!ミニコンの設計者 〜ゴードン・ベル氏

 DECのコンピュータ、と聞くと1995年に発売された「Digital HiNote Ultraシリーズ」を懐かしく思い出す人も多いのではないだろうか。同機は、おいそれと手を出せないほど非常に高額なノートパソコンだったが、スリムノートの先駆けとして大きな人気を博した名機だった。

 そんなDEC(Digital Equipment Corporation)は、スリムノート以外でもコンピュータの歴史に名を残している。それが「ミニコンピュータ」である。そして、そのミニコンピュータの設計に大きく関わったキーマンがゴードン・ベル氏(以下敬称略)だ。

ゴードン・ベル氏
1934年
アメリカ・ミズーリ州にて誕生。
1952年
MITに入学し、電気工学を専攻。
1960年
DECへ入社。
1983年
DECを退社。
1987年
並列計算機の技術向上のため「ゴードン・ベル賞」を創設。
1991年
マイクロソフトへ入社。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズ列伝/ WindowsとUNIXのルーツ!ミニコンの設計者 〜ゴードン・ベル氏」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「キーマンズ列伝/ WindowsとUNIXのルーツ!ミニコンの設計者 〜ゴードン・ベル氏」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「キーマン列伝」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30003366



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ