この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2009/10/09
偉人の遺伝子をEasyに読み解く!キーマン列伝
#010標準メールサーバソフトsendmailの父 〜エリック・オールマン

 このコーナーでも、インターネットに関するキーマンについて幾人かを紹介してきたが、インターネットというとどうもWebページにばかり目がいってしまいがちだ。しかしインターネットには、Webページと並ぶほど重要なテクノロジーがある。そう、「電子メール」だ。ただ電子メールの場合、インターネット普及前のいわゆる「パソコン通信」時代から存在するだけに、インターネットの歴史の中でもそれほど注目されない存在なのかもしれない。ともかく今回は、そんなインターネットにおける電子メールのキーマンをご紹介しよう。

 「sendmail」は、インターネットで電子メールをやりとりするのに必要なメールサーバソフトウェア「メール転送エージェント(MTA)」の1つである。インターネット黎明期に登場し、現在でも6割を占めている最もポピュラーなMTAだ。そのsendmailを開発したキーマンが、エリック・オールマン氏(以下敬称略)である。

エリック・オールマン
1955年
米国・カリフォルニア州エルサリートで誕生。幼い頃から筋金入りのコンピュータマニア。
1973年
カリフォルニア大学バークレー校に入学。在学中は同校のUNIXの開発に参加、深く関わる。80年にコンピュータ科学修士号を取得。
1979年
delivermailを開発。
1981年
sendmailを開発。
1992年
sendmailをオープンソースとして公開。利用者が急増。
1998年
センドメール社を設立。CSOとして現在も第一線で活躍中。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズ列伝/ 標準メールサーバソフトsendmailの父 〜エリック・オールマン」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「キーマンズ列伝/ 標準メールサーバソフトsendmailの父 〜エリック・オールマン」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「キーマン列伝」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30003358



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ