この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

ECMパッケージ

2009/09/08


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、ミック経済研究所の情報を元に、ECMパッケージのシェア情報をご紹介しよう。

 ミック経済研究所の調べによれば、2008年度のECMパッケージ市場は、前年対比4.8%増の48.0億円となった。2009年度には更に6.0%増の50.9億円が見込まれる。文書/映像/動画などを一元的に管理できるECMに対するニーズは、コンプライアンスの観点から高まっているが、不況の影響もあり堅調な伸びに留まった。金融/保険業での導入は拡大したが、最も導入ウエイトの高い製造業ではほぼ横ばいとなっている。
 2008年度の市場占有率(金額ベース)を見ると、日本IBMが30.2%で1位を獲得した。同社は、多種類/多量なコンテンツを一元的に管理するコンテンツ管理と、ビジネスプロセス管理を組み合わせ、生産性や顧客満足度の向上を提供していく。また20.4%で2位のオープンテキストは、リポジトリの一元化とインテグレーション基盤の提案を進めるほか、2009年度には、公文書法を視野に入れた公共分野への拡販と、SAPとの連携ソリューションの展開を進める。
 3位には、2008年9月に新バージョン「Docunmentum6.5」をリリースしたEMCジャパンが19.0%で続いた。同社は今後、ストレージと「Documentum」へ、RSAのワンタイムパスワードによりセキュリティを補完し、VMWare技術によるサーバの仮想化と統合した「One EMC」の提案を進めていく。12.5%で4位の日本オラクルは、大型案件へのリーチができたことで売上を伸ばしており、2009年度は新たに追加したWCM機能の訴求で新規市場への進出を図る。

ECMパッケージシェア

ECMパッケージシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ

ECM/「ECMパッケージ」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ECM」関連情報をランダムに表示しています。

ECM」関連の製品

エンタープライズコンテンツ管理システム Alfresco 【イージフ】 オープンソースECM「NemakiWare」 【イージフ】 Web対応電子帳票システムe-COOD 【日商エレクトロニクス】
文書管理 文書管理 電子帳票システム
オープンソースによる本格的な文書管理/情報共有ツールであり、CMIS(コンテンツ管理システムの標準規格)に準拠。エンタープライズ規模に対応。 CMISに完全準拠した国産オープンソースECM(文書管理)システム。ニーズにあわせて自由な拡張・連携が可能。ユーザもシステム管理者も使いやすい、シンプルなECM。 Web対応の電子帳票システム。セキュリティ強化やワークフローなどオフィスのペーパーレス化を推進してきた日商エレクトロニクスのノウハウが盛り込まれている。

ECM」関連の特集


ECMツールはERPと同様に全社規模で導入すべきツール。そのため製品の選定にあたってはさまざまな課題…



企業内のコンテンツ量が劇的に増加し、種類やファイル形式の多様化で、管理対象が幅広くなったことで需要が…



Webサイトの構築・運用にはCMS利用が当たり前。しかし、スマートデバイスが急速に浸透する中、CMS…


「CMS」関連の製品

オープンソースCMS「Drupal」導入サービス 【デジタルサーカス】 Webサイト構築プラットフォーム「RCMS」 【ディバータ】 CMS「NOREN」 【のれん】
CMS CMS CMS
コンテンツ管理、会員管理、キーワード検索、RSS配信など豊富な機能を搭載しつつ、誰でも無料で利用可能なCMS「Drupal」を豊富な経験を持つエンジニア/デザイナーが支援。 豊富な標準機能が強みの国産CMS。コーポレート、求人、情報配信、EC・ポータルなど、多岐に渡るサイトの構築・運用管理を得意とし、2000社以上への導入実績がある。 複雑な組織構造や承認フローなど、関係者が多い国内企業特有のWebサイト運用を支えるCMS。Web担当者が戦略立案と実行に注力できる効率的なWebサイト運用を実現。

「WEB構築」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ECM/ 「ECMパッケージ」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ECM/ 「ECMパッケージ」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30003347


IT・IT製品TOP > WEB構築 > CMS > CMSの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ