この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

IT担当者の必須知識が身につく 初級ネットワーク講座

第25回 電子証明書とSSL

2009/11/10


 2004年のe-文書法の制定によって、商取引における文書は、従来の紙だけではなく電子データとしても保存することが可能となった。また、電子政府・電子自治体などによってインターネットによる各種申請が可能となってきた。これらの電子データが法律的根拠を持つためには、紙の書類同様に真正性、つまり認証や改ざんの有無の検出が必要となる。今回はSSLを例にとりながらCAおよび電子証明書の役割について説明する。

電子証明書とSSL

※「電子証明書とSSL/第25回 電子証明書とSSL」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「電子証明書とSSL/第25回 電子証明書とSSL」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

セキュアプロトコル

 前号で解説した暗号化技術を実際にユーザが使おうとした場合、「公開鍵暗号方式か?それとも共通鍵暗号方式か?」「秘密鍵、公開鍵をどう生成するか?」などを考慮しなくてはならず、負荷がかかる。そこで、ユーザが意識しなくても暗号化技術を使えるようにしたのが「セキュアプロトコル」である。
 セキュアプロトコルには、L2TP、PPTP、IPsec、SSL、S/MIMEなどがある。それぞれに特徴があり、表1のように動作するレイヤ(OSI参照モデル上の層)が異なるので、利用目的に応じて適切なセキュアプロトコルを選択することになる。
 今回は、インターネット上でWebサーバにアクセスする際、暗号化および認証のため用いられるセキュアプロトコル、SSLについて解説する。

表1 OSI参照モデルとセキュアプロトコル
表1 OSI参照モデルとセキュアプロトコル
このページの先頭へ

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

電子証明書とSSL/第25回 電子証明書とSSL」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「電子証明書とSSL」関連情報をランダムに表示しています。

電子証明書とSSL」関連の特集


商取引にインターネット申請が当たり前の時代。電子データの真正性確保に不可欠なCA認証局と電子証明書の…



近年、IPv6が徐々に普及してきています。IPv6でのヘッダやIPアドレスの仕組み、IPv4との違い…



2年半にわたって続いてきた本講座も最終回。長足の進歩を遂げたネットワークは、今後いったいどうなってい…


「暗号化」関連の製品

フルディスク暗号化ソリューション:SecureDoc 【ウィンマジック・ジャパン】 暗号化/マルウェア対策 秘文 Data Encryption 【日立ソリューションズ】 ファイル暗号化ソフト CyberCrypt Ver.4.2(Windows10対応) 【オーク情報システム】
暗号化 暗号化 暗号化
OSやシステムファイルを含むハードディスク全体を暗号化。暗号化後のパフォーマンスに優れ、認証ツール(トークン)にも対応するなど、ニーズに合わせた柔軟な運用が可能。 データを暗号化し、内部不正や盗難・紛失、マルウェアによる漏洩リスクから情報を保護する。 ファイル・フォルダ単位の暗号化ソフト。監査や緊急時には企業で1つ所有する「マスターキー」で復号できる。鍵管理サーバによる運用・管理は不要。

「暗号化」関連の特集


2005年に <個人情報保護法> が施行してから約9年―企業の情報セキュリティ対策として <データベ…



情報漏洩リスクの高いクラウドDBを使うには、“暗号化したまま検索できる”という新技術が不可欠に!今注…



 情報管理に関するセキュリティ向上のためには、ヒューマンエラーを減らし、かつ万が一のエラー発生時への…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

電子証明書とSSL/ 第25回 電子証明書とSSL」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「電子証明書とSSL/ 第25回 電子証明書とSSL」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4


30003325


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ