この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

会社の課題を解決する処方箋。 課題スッキリ!IT処方箋

PCの設定・運用業務を効率化したい

2009/10/13


 社内のPCの数が社員の数を超えている……デスクトップ型とモバイル型を使い分ける会社では、そんな贅沢な事態も起きている。それは極端な例としても、PCが社内に増加する傾向はどの会社も同じ。そこで情報システム部が頭を悩ませるのが、運用管理負荷の増大だ。定期的に行うPC廃棄と導入にともなう作業はもちろん、日常的なセキュリティパッチやウイルス定義ファイル等の適用、トラブルシューティング、アプリケーションのパッチやバージョンアップなどなど、PC台数が増えれば増えるほど運用管理は煩雑になり、コストも増すばかり。こうした管理業務を合理化・効率化していくにはどうしたらよいのか?今回はそのための3つの処方箋を紹介しよう。

PCの設定・運用業務

※「PCの設定・運用業務/PCの設定・運用業務を効率化したい」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「PCの設定・運用業務/PCの設定・運用業務を効率化したい」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

他の課題をチェック PickUp! 課題の解き方へ


1

PCの環境を統一する

PC台数増加に応じて増える運用管理コスト

 運用管理の負荷増大の一因は、社内のPC構成が一通りでないことにある。例えばWindows XPとVistaが混在していれば、セキュリティパッチは両方の情報に常に目を光らせておかなければならないし、公開時には両方の環境でテストをした後、宛先を区別して配信、適用を促すなどの対応が必要になる。
 もちろんOSとアプリケーションのバージョン対応も考えて、アプリケーションの導入やパッチ適用、バージョンアップを行っていく必要もある。またプリンタなどのデバイスドライバの導入やバージョンアップ、ログ監視用やIT資産管理用などの各種エージェントソフトの導入、バージョンアップなどに対応していかなければならない。
 アンチウイルスツールをはじめとするセキュリティソフトにしても同じことだ。OSに応じた別のバージョンが存在したり、定義ファイルがバージョンごとに異なったりすることもあるため、これもテスト後の配布、適用に手間と時間がかかる。
 こうした作業はOSやアプリケーション、およびそれらのバージョンの種類が多ければ多いほど複雑になり、運用管理コストが膨らむ。その負荷を減らす1つの方策に「ユーザ任せにする」という究極の選択もなくはない。しかし、それはパッチ適用をしないPC、ウイルス定義の更新をしないPCを黙認することに等しく、セキュリティ上のリスクを大きく増大させてしまう。またそれに加えて、かえって重大な運用管理コストアップももたらしかねない。トラブル対応とサポートの問題だ。「パッチの適用が必要なのか否か」や「ウイルス定義ファイルの更新をオンラインで行うと業務ソフトが遅くなる」等々の質問や苦情が多数寄せられることは容易に予想できるし、パッチや定義ファイルの適用や更新によって引き起こされるトラブルも多い。個別に対応していては、かえって運用管理コストを高める原因となる。もちろん業務時間を奪う結果にもなり、よほど社員のITスキルとモラルの高い会社でないかぎり、よいことはほとんどないと言っていいだろう。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

OpenText Big Data Analytics 【オープンテキスト】 Barracuda Backup 【バラクーダネットワークスジャパン】 Barracuda Web Application Firewall 【バラクーダネットワークスジャパン】
BI バックアップツール WAF
高パフォーマンスを特長とするセルフサービス型BI。新たなデータソースも容易に統合し分析可能。莫大な非構造化データも瞬時に解析し、ビジュアルな結果をユーザに返す。 アプライアンスとクラウドの2重でデータをバックアップ。複数のアプライアンス間でのデータリプリケーションにも対応。低コストでDRサイトが構築できる。 ファイアウォールやIDS/IPSで保護できない、Webサイトへの外部からの不正アクセスを防御。SQLインジェクションやXSSなどによる顧客情報流出やWebサービス停止を確実に防止

新着特集


モバイルやWeb会議、仮想デスクトップを導入したものの、ワークスタイル“変革”ではなく“改善”で止ま…



IoTデータをどう扱えばよいか分からないと悩んだことはないだろうか。「KDDI IoTクラウド 〜デ…



機器を液体につけて冷却する富士通の「液浸冷却技術」は、データセンターの電力消費を40%削減するほか、…


新着セミナー

仮想化は今や常識、運用時によくある失敗事例とその回避策とは 【ピー・ビーシステムズ/ゾーホージャパン】  

開催日 6月16日(金),9月7日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

●サーバーの仮想化を実施したが原因不明の「何か遅い…」が解決できない●仮想サーバーが増加傾向にあり、管理が煩雑になりつつある●サーバー・ネットワーク統合監視ソフ…

事例に学ぶ、保守・メンテ業務の働き方改革 【パナソニック インフォメーションシステムズ/レッドフォックス】  

開催日 6月23日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

保守・メンテナンス業務では、作業が終わっても報告書作成のために一旦帰社しなければならないことが多く「システム入力が負担」「夜間残業を減らしたい」などのお悩みがよ…

将来を見据えた「EDI再構築」のやり方セミナー(大阪) 【ユーザックシステム】  

開催日 6月15日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

流通BMSの本格運用が開始され、約5年が経過しました。初めて流通BMSに対応することになったため、事前に想定していた運用と対応後では、ギャップを感じている企業様…

このページの先頭へ

PCの設定・運用業務/ PCの設定・運用業務を効率化したい」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「PCの設定・運用業務/ PCの設定・運用業務を効率化したい」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30003308



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ