この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

また失敗したの?と言われる前に セキュリティ登龍門50

DNSキャッシュポイズニング徹底対策法

2009/11/17


 IPAに届けられているDNSキャッシュポイズニングに関する脆弱性関連情報は昨年7月から異様な増加を記録している。対策が進むにつれ数は漸減しているが、まだまだ未対応のシステムがあるようだ。今回は、なぜ昨年急に届出数が増加したのか、その増加状況をグラフで確認してみたうえで、DNSキャッシュポイズニングが攻撃する脆弱性と、その検査のためのツール、対策の方法について紹介していく。

DNSキャッシュポイズニング


1

昨年7月から急増したDNSキャッシュポイズニング

 DNSキャッシュポイズニングは必ずしも新しい脅威ではない。しかし従来は攻撃数が多くはなく、日本においてあまり主要な脅威とは考えられてこなかった。ところが2008年9月から様相は激変した。図1を見ていただこう。これはIPAへの脆弱性の届出件数と対策状況の統計グラフだが、2008年8月半ばまではほぼ0件だったDNSキャッシュポイズニングに関する届出数が昨年9月に激増している。

図1 2008年4月〜2009年6月のDNSキャッシュポイズニング脆弱性の届出件数と対策状況
図1 2008年4月〜2009年6月のDNSキャッシュポイズニング脆弱性の届出件数と対策状況
2009年7月22日ソフトウェア等の脆弱性関連情報に関する届出状況 2009年第2四半期(4月〜6月より)

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「DNSキャッシュポイズニング徹底対策法」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


DNSキャッシュポイズニング/DNSキャッシュポイズニング徹底対策法」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「DNSキャッシュポイズニング」関連情報をランダムに表示しています。

DNSキャッシュポイズニング」関連の特集


 前回述べた通り、「境界セキュリティ」のメリットは、内部ネットワークに対するセキュリティ防御を一括し…



実際のところ、現状の届出数はどれくらいあるのか?業種別ではどこが最も狙われているのか?企業が取るべき…



Webサイトにまつわるセキュリティの現状を統計データで紹介。セキュリティ対策実装状況に関するチェック…


「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の製品

深刻なセキュリティ技術者不足を解消する、富士通の社内育成とは 【富士通】 接続先ネットワークの制限/デバイスの利用禁止 秘文 Device Control 【日立ソリューションズ】
その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連
深刻なセキュリティ技術者不足をどう解消する? 富士通が実践する社内育成とは デバイスやWi-Fiの利用を制限し、エンドポイントからの情報漏洩を防止。
スマートフォン、USBメモリなど様々なデバイスの利用を制限。
Wi-Fi制御、VPN利用の強制機能も搭載。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の特集


  “なんとなく”でき上がった「マルウェア対策のツリー図」の「なんとなく」を解消するための問題点は、…



情報漏洩防止のためとはいえ、自社で記録媒体のデータ消去は正直大変…そこで役立つのがデータ消去サービス…



 今回は、情報セキュリティ対策ベンチマークの現在までの生い立ち(背景)について解説する。


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30003288


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ