「ホワイトボード補正技術」ってなんだ?!

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

流行りモノから新技術まで! 5分でわかる最新キーワード解説

「ホワイトボード補正技術」ってなんだ?!

2009/12/16


 日々進歩するIT技術は、ともすると取り残されてしまいそうな勢いで進化の速度を高めています。そこでキーマンズネット編集部がお届けするのが「5分でわかる最新キーワード解説」。このコーナーを読めば、最新IT事情がスラスラ読み解けるようになることうけあい。忙しいアナタもサラっと読めてタメになる、そんなコーナーを目指します。今回のテーマ「ホワイトボード補正技術」は、携帯電話などに搭載する画像処理技術。蛍光灯などの写りこみを除去して、消えた文字を復活!会議の記録などをより手軽に読みやすく保存できるようになります。

ホワイトボード補正技術

※「ホワイトボード補正技術/「ホワイトボード補正技術」ってなんだ?!」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ホワイトボード補正技術/「ホワイトボード補正技術」ってなんだ?!」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

消えた文字を復活!?「ホワイトボード補正技術」とは

 ホワイトボード補正技術とは、文字通り、デジタルカメラなどで撮影したホワイトボードの画像を、読みやすく補正する技術である。携帯電話などに搭載されるカメラの高性能化にともなって、ホワイトボードに書いた図や文章をレイアウトそのままに記録するのに、デジタルカメラで撮影しておく、という方も増えているのではないだろうか。こうしたホワイトボード画像の欠点のひとつが、照明の写りこみによる文字や線の消失である。また、読むこと自体に支障はなくとも、写りこみのある画像は見にくく、資料として残すには少々難があるという場合も多かった。しかし今回開発された補正技術によって、蛍光灯などの写りこみを除去して、読みやすい画像に変換することが可能になったのである。

図1 ホワイトボード補正の前後
図1 ホワイトボード補正の前後
今回開発されたホワイトボード補正技術。写りこみだけをインテリジェントに除去している。
資料提供:富士通研究所

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

キーマンズポイントで今応募できるプレゼントはこちら!(2016/12/31まで)

ITキャパチャージに解答いただくとポイントがたまります。
たまったポイント数に応じて、以下、A〜E賞の各賞品に応募することができます。

●B賞:抽選で1名様
 象印マホービン 圧力IH炊飯ジャー「極め炊き NP-YB10」 
●A賞:抽選で1名様
 HUAWEI Windows 10 Pro搭載 2in1デバイス「HUAWEI MateBook M3」 
●C賞:抽選で1名様
 iRobot 床拭きロボット「ブラーバ ジェット240」 
●D賞:抽選で1名様
 プリンセス 大皿みたいな白いホットプレート「Table Grill Pure」 
●E賞:抽選で2名様
 ASUS 毎日の健康をスマートに記録「VivoWatch」 

このページの先頭へ
関連キーワード

ホワイトボード補正技術/「ホワイトボード補正技術」ってなんだ?!」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ホワイトボード補正技術」関連情報をランダムに表示しています。

「その他オフィス機器関連」関連の特集


近い将来、音楽を聞きながらジョギングやマラソンしている人は、腕を軽く叩きながら走るのが当たり前になる…



夏の日差しを浴びても熱くならず、未来の屋根材料となる可能性も秘めている最先端のナノテクノロジーを紹介…



風圧をデジタル制御することで、なにもない空間に物体を出現させて「触感」を実現。映像を触って楽しむ時代…


「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ホワイトボード補正技術/ 「ホワイトボード補正技術」ってなんだ?!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ホワイトボード補正技術/ 「ホワイトボード補正技術」ってなんだ?!」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5


30003284


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > その他オフィス機器関連 > その他オフィス機器関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ