使える「ドキュメントスキャナ」選択のコツ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗できないアナタを応援します IT製品選び方ガイド

使える「ドキュメントスキャナ」選択のコツ

2009/11/30


 文書や書類を電子化して保存・管理することを可能とするドキュメントスキャナ。保管スペースの削減や部署・企業レベルでの文書共有化などの用途で使用されるようになり、その需要は高まりつつある。
 そこで今回は、ドキュメントスキャナ製品を選択する際に必要な事項を明らかにし、パーソナルスキャナとの違いにも触れながら、その選択ポイントを紹介する。
 またIT製品解体新書「ドキュメントスキャナ特集」では、ドキュメントスキャナの市場動向や、オフィスでの活用法、各機能の最新動向などを紹介しているので、こちらもあわせて参考にしてほしい。

ドキュメントスキャナ

※「ドキュメントスキャナ/使える「ドキュメントスキャナ」選択のコツ」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ドキュメントスキャナ/使える「ドキュメントスキャナ」選択のコツ」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

ドキュメントスキャナの基礎解説へ


1

製品選択のポイント

要件1

どの業務に使用するか!?目的に合わせた選択がキモ!

 ドキュメントスキャナは、基本的に特定業務に必要な製品である。たとえば、顧客の記入した契約書や申込書、経理部門における各種帳票、製品の仕様書など、多くの場合、専任担当者がいて、ドキュメントスキャナを使ってその業務を行う。そのため、ドキュメントスキャナ製品を単独で選定するというよりも、その業務として利用できるかどうか、帳票に対応してデータを処理する対応アプリケーションを利用できるかどうかが重要になってくる。

 各メーカーでは、特定の業務にドキュメントスキャナを対応させるため、カスタマイズアプリケーションなどとともにトータルでドキュメントスキャナを販売することが多い。ただし、独自のカスタマイズアプリケーションは構築にコストが必要となる。そこで、利用したいのはそのドキュメントスキャナの「SDK」だ。

 SDKはご存じのようにソフトウェアの開発ツールキット。ドキュメントスキャナメーカーの一部は、製品のSDKを有償または無償で提供し、ユーザサイドでカスタマイズアプリケーションの構築を容易にしているのである。自社にアプリケーション開発能力が乏しくても、SDKを使ってソフト開発企業に依頼すれば、ゼロからカスタマイズアプリケーションを構築するよりも低コストで的確なアプリケーションを構築できる。購入前には、選択肢に挙がっているドキュメントスキャナにて、SDKが公開されているかどうかを確認しておきたい。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

ドキュメントスキャナ/使える「ドキュメントスキャナ」選択のコツ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ドキュメントスキャナ」関連情報をランダムに表示しています。

ドキュメントスキャナ」関連の特集


ボタン操作の柔軟性はもちろん、給紙容量や設置スペースの勘所、スキャニング速度の罠など、ドキュメントス…



なぜ、今伸びているのか?“ドキュメントスキャナ”の市場動向から何が解る!?基本機能から最新動向、活用…



日本においてビジネスに欠かせない「名刺」。長らく名刺は受け取った社員個々で管理するのが一般的だった。…


「その他オフィス機器関連」関連の特集


夏の日差しを浴びても熱くならず、未来の屋根材料となる可能性も秘めている最先端のナノテクノロジーを紹介…



消費者の薄型TV志向、大画面志向は強く今後も高い成長が見込まれるデジタルTV市場。市場はどこまで伸び…



おなじみのUSBインタフェースで最大100Wまでの給電が可能な「USB PD」がいよいよ登場。新しい…


「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ドキュメントスキャナ/ 使える「ドキュメントスキャナ」選択のコツ」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ドキュメントスキャナ/ 使える「ドキュメントスキャナ」選択のコツ」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30003272


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > その他オフィス機器関連 > その他オフィス機器関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ