無料から始める?サーバ仮想化ソフト選択術

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗できないアナタを応援します IT製品選び方ガイド

無料から始める?サーバ仮想化ソフト選択術

2009/11/16


 低価格で使いやすいIAサーバを中心としたローエンドのサーバ群が急速に普及してきたことで、部門サーバの乱立が目立つようになってきた。これに歯止めをかけることができる救世主として、サーバ仮想化ソフトに注目が集まっている。しかし、サーバ仮想化では、ハードウェア障害時の影響が拡大したり、システム構成が複雑になったり、物理サーバの問題点をそのまま仮想サーバに移行することになったりと、クリアしなければならない課題も少なくない。そこで、こうした課題につまずかないための製品選びのポイントを紹介する。

サーバ仮想化ソフト

※「サーバ仮想化ソフト/無料から始める?サーバ仮想化ソフト選択術」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「サーバ仮想化ソフト/無料から始める?サーバ仮想化ソフト選択術」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

サーバ仮想化ソフトの基礎解説へ


1

サーバ仮想化ソフトを導入する前に…

 IT製品解体新書でも触れたように、すべての既存システムがサーバ仮想化に適しているとは限らない。また、価格も安価で導入が簡単なWindowsサーバの場合、十分な管理がなされていないケースも多く、性能不足やリソース余剰などといった課題の発見も遅れがちだ。そこで、サーバ仮想化ソフトの選択に入る前に、「サーバ稼働情報レポートサービス」(図1)や「サーバ統合アセスメントサービス」(図2、SOIDEAL インフラ統合コンサルティングサービスより一部抜粋)などを利用して、現時点でのサーバ環境の実態調査・分析を行っておくことをお勧めしたい。

図1 サーバ稼働情報レポートサービス
図1 サーバ稼働情報レポートサービス
このサービスを利用すると、現在のサーバ稼働状況を簡単に把握できるようになり、その結果をサーバリソースの増強や統廃合などといった最適化の判断材料として活用できる。
資料提供:日本電気

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

サーバ仮想化ソフト/無料から始める?サーバ仮想化ソフト選択術」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「サーバ仮想化ソフト」関連情報をランダムに表示しています。

サーバ仮想化ソフト」関連の製品

「ひとり情シス」が本当に助かるハイパーコンバージドとは? 【ヴイエムウェア株式会社】 ハイパーコンバージド選びで最重要なストレージ技術“3つのキーワード”は 【ソフトバンク コマース&サービス+他】
垂直統合型システム 垂直統合型システム
「ひとり情シス」が本当に助かるハイパーコンバージドとは? サーバやストレージを1つの筐体で提供するハイパーコンバージドインフラが注目されている。どのように製品を選ぶべきか。チェックしたいのは3つのキーワードだ。

サーバ仮想化ソフト」関連の特集


IT担当者312人に緊急調査!導入状況、導入目的、導入しない理由は?「バックアップが不安」など不満の…



システム全体の運用のあり方を見据えたうえで導入を検討すべきサーバ仮想化。ここでは仮想化導入後に気にな…



社内にサーバが乱立し、運用も大変、効率も悪い!そんな企業に効く、「サーバ統合」のための3つの処方箋を…


「サーバー仮想化」関連の製品

ゆうちょ銀行が財務会計システム刷新、オールフラッシュで業務スピードアップ 【日本アイ・ビー・エム】
サーバー仮想化
ゆうちょ銀行が財務会計システム基盤にオールフラッシュストレージを採用。安定稼働するアプリケーションはそのままに、3つの「プラスα」を実現した導入事例を紹介する。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

サーバ仮想化ソフト/ 無料から始める?サーバ仮想化ソフト選択術」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「サーバ仮想化ソフト/ 無料から始める?サーバ仮想化ソフト選択術」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30003268


IT・IT製品TOP > サーバー > サーバー仮想化 > サーバー仮想化のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ