使いたくなるオンラインストレージの選び方

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗できないアナタを応援します IT製品選び方ガイド

使いたくなるオンラインストレージの選び方

2009/10/26


 インターネットを利用した代表的なオンラインサービスといえば「ファイル転送サービス」が最初に思い浮かぶと思うが、最近は、これにファイル共有機能を追加した「オンラインストレージ」が脚光を浴びている。オンラインストレージでは共有する必要のないファイルや、守秘性の高いファイルもオンライン上に保存することができ、効率的なファイル管理を実現できる。また、サービス料金もワンコインで10GBのストレージが使い放題と、低価格化が進んでいる。そこで今回は、サービスの多様化が進み始めたオンラインストレージにスポットを当て、そのサービス選択のポイントを詳しく紹介する。オンラインストレージの基礎解説については「IT製品解体新書」で紹介しているので、あわせてお読みいただきたい。

オンラインストレージ

※「オンラインストレージ/使いたくなるオンラインストレージの選び方」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「オンラインストレージ/使いたくなるオンラインストレージの選び方」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

オンラインストレージの基礎解説へ


1

オンラインストレージの選び方

1-1

サービス選択の5つの視点

 現在提供されているオンラインストレージは、「個人向けサービス」と「企業向けサービス」、あるいは「無料サービス」と「有料サービス」といった形に分類できる。個人向けサービスと企業向けサービスとの違いは、前者が「自分だけが利用するストレージ」であるのに対し、後者は「組織やプロジェクト、グループ全員で利用するストレージ」であるという点だ。個人向けサービスでは、アクセス権管理やIPアドレス制限、ウイルスチェック、アクセスログなどのセキュリティ機能は基本的にはサポートされておらず、また当然ながらユーザの一元管理機能などもない。従って、情報漏洩や内部統制を考慮したい場合には、企業向けサービスを選択することになる。
 一方、「無料サービス」と「有料サービス」との違いは、前者は必ずしもセキュリティ機能が充実しているとはかぎらず、サービス内容・サービス仕様の変更が頻繁に行われたりするので、安定して使い続けることができるかどうかは分からない。また、データの保存期間が数日以内だったり、一度にアップロードやダウンロードできるファイルサイズが小さかったり、保存できるファイル形式が画像ファイルなどに限定されていたりするなど、利用上の制約もある。ただし、初期の無料サービスは、有料サービスと比較すると利用できるストレージ容量が小さいのが一般的だったが、最近では無料サービスでも大容量データ(無制限)を保存できるサービスも登場している。
 こうしたことから総合的に判断すると、セキュリティの確保とサービス継続性、そして利便性を考えれば、企業では有料の企業向けサービスを選択することをお勧めする。具体的には、次の5つの視点から検討を重ねていくとよい。

企業で使えるオンラインストレージ選択の5つのポイント

ポイント1:

利用条件の確認

ポイント2:

使い勝手の良さ

ポイント3:

セキュリティ対策への取り組み

ポイント4:

ユーザ管理機能の充実度

ポイント5:

サポート体制(障害情報の提供とその対応)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

オンラインストレージ/使いたくなるオンラインストレージの選び方」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「オンラインストレージ」関連情報をランダムに表示しています。

オンラインストレージ」関連の製品

改正個人情報保護法、中堅・中小企業が覚えておきたい「情報の守り方」 【ミロク情報サービス】 「GDPR」「改正個人情報保護法」を乗り切る“これからの情報保護”の在り方とは 【シマンテック】 大容量高速ファイル転送 「活文 Accelerated File Transfer」 【日立ソリューションズ】
ERP その他エンドポイントセキュリティ関連 ファイル転送
改正個人情報保護法が2017年5月30日に全面施行となり、小規模事業者も法の対象となった。まずはどんな対策を講じるべきか。法改正の背景から、具体的な対応まで解説する。 「GDPR」「改正個人情報保護法」などの新たな法制度に加え、クラウドやモバイル環境の普及で情報保護対策の見直しを迫られている企業は少なくない。何から着手すべきか。 インターネット回線を利用し、海外など遠隔地とGB単位の大容量
データを高速転送できるサービス。パッケージのほか、IoT機器や
システムなどに組み込むSDKとしても提供可能。

オンラインストレージ」関連の特集


顔認証、人体検知、紙文書の電子化…次々と進化する複合機の最新事情を特集しました!実際に編集部でも実験…



クラウドサービスを導入し事務所を廃止した事例を紹介。ネット上で情報共有・協働できる仕組みを取り入れ、…



ビジネス面でも、もうすっかり市民権を得たオンラインストレージ。社外の人とファイルを共有する際にとても…


オンラインストレージ」関連のセミナー

大規模Box導入事例で見えた、ネットワークの課題と対策 【主催:伊藤忠テクノソリューションズ/協力:A10ネットワーク/Box Japan/オープンソース活用研究所】  

開催日 12月13日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

【社員約8000人がBoxを利用】伊藤忠テクノソリューションズ株式会社は、社員間の情報共有の強化、テレワークへの対応などを目的として、クラウドコンテンツ管理のB…

オープンソースで「情報伝達の強化」と「セキュリティの強化」 【主催:ヴィセント 協力:オープンソース活用研究所】 締切間近 

開催日 12月20日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

【DropBoxやGoogleDriveなどのオンラインストレージの普及と、それによる問題点】DropBoxやGoogleDriveなどの、オンラインストレージ…

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

オンラインストレージ/ 使いたくなるオンラインストレージの選び方」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「オンラインストレージ/ 使いたくなるオンラインストレージの選び方」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30003262


IT・IT製品TOP > ストレージ > オンラインストレージ/ファイルストレージ > オンラインストレージ/ファイルストレージのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ