使える!「BIツール」選び6つのポイント

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗できないアナタを応援します IT製品選び方ガイド

使える!「BIツール」選び6つのポイント

2009/10/05


 蓄積したビジネスデータを有効に活用することは、思ったより難しいものだ。莫大なコストをかけ、いち早くBIツールを導入した企業でも使いこなすことができず、無駄な投資に終わってしまったというケースも少なくない。しかし最近では比較的安価で、しかも直感的な操作でBIを実現することができるツールも登場してきている。過去の過ちに学び、進歩した今日のBIツールを正しく理解して、自社にとって最適なBIツールを選択することが大切だ。ここではBIツール製品を選ぶ際のポイントについて、具体的な例をあげながら紹介していこう。また、BIツールの基礎知識については「IT製品解体新書」で紹介しているので、そちらも参考にしていただきたい。

BI

※「BI/使える!「BIツール」選び6つのポイント」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「BI/使える!「BIツール」選び6つのポイント」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

BIの基礎解説へ


1

BIツール選び6つのポイント

  1990年代以降、データ活用の重要性にいち早く気づいた企業はBIツールの導入に踏み切った。しかし、BIを実現するためには、複数のツールを組み合わせねばならず、ツール群のライセンス費用に加えて、それらを構築するのに予想以上の資金を投じなければならなかった。また、ツールを使用するには特別なトレーニングを受けなければならず、実際に思うように使うことができなかった。やがて、BIツールのうちの一部の機能しか使われなくなり、使用しているのもごく一部の社員だけになってしまったという過去がある。そのような失敗をしないためには最適なBIツールを選ぶことが大切だ。ここでは以下の6つのポイントで、BIツールの選択ポイントを紹介する。

Point1: 

目的を明確にしよう

Point2: 

誰が使うのか明確にしよう

Point3: 

メインのシステムはどこの製品か

Point4:

きちんとしたサポート体制は提供されるか

Point5:

周辺テクノロジーといかに連携できるか

Point6:

スモールスタートが可能であるか

Point1

目的を明確にしよう

 BIは非常に広い範囲に適用できるため、目的を明確にすることが重要となる。どんな情報を見える化したいのか、見える化し、データ分析を行って、結果としてどのようなアクションにつなげたいのか。その本当の目的を明確にすべきだろう。例えば、ただ単に分散してしまっているデータをまとめて1つの表やグラフにしたいというだけであれば、SaaSなどで提供されている安価な「レポーティングツール」だけでも対応することができる。一方、リアルタイムで様々なデータを分析し、全社的にそれを利用した営業活動を行うといった場合は、多少資金を投入してでも高機能な統合BI製品を導入した方が良い。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

BI/使える!「BIツール」選び6つのポイント」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

BI」関連の製品

Webレポーティングソリューション 「CROWNIX Report & ERS」 【日本エムツーソフト】 データ活用時代に生き残るための、新たなデータ分析基盤戦略とは 【システムサポート+他】 MicroStrategy 10 【マイクロストラテジー・ジャパン】
BI CRM BI
業務帳票、管理帳票から半定型分析レポートまでカバーする出力ツール。DB環境は問わず、様々なデータソースと連携できBIツールのような検索・抽出も可能。出力形式も多様。 データ分析に注目していても、その基盤を整えるためのコストや手間が障壁となっている企業は多い。しかし手の届くDWHがあれば、データ活用時代に競争力を増せるはずだ。 強力なエンタープライズ対応アナリティクス、セルフサービスBI、モビリティ、セキュリティを統合プラットフォームでシームレスに提供するエンタープライズBIソリューション

BI」関連の特集


クレームも貴重な情報源とはいえ、対応業務は可能な限り簡素化したいもの。効率化に向けた FAQの仕組み…



昨年6月、東京理科大学とソフトバンク・テクノロジーがビッグデータを活用した共同研究契約を締結し、解約…



セルフサービスBIは汎用性も高く機能も豊富だが、せっかく導入してもうまく活用できなければ意味がない。…


BI」関連のセミナー

TCO削減に効く!OracleDBからSQL Serverへの移行支援セミナー 【日本マイクロソフト/シーイーシー】 注目 

開催日 7月5日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

2016年4月、日本マイクロソフトが「Oracle Database」から「SQL Server」への乗り換え支援プログラムの提供を発表して以来、「SQL Se…

Qlik Sense Tour 東京 【クリックテック・ジャパン】 注目 

開催日 7月13日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

「セルフサービスBI」とはよく耳にするようになったものの、真の「セルフサービス」とは何を指すのか?BIからビジネスチャンスを導き出す方法や、最新トレンド情報、導…

Qlik あきんどスシローが解説 データ分析実践セミナー 【マイナビ】 締切間近 

開催日 6月27日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

データ分析で成功している多くの企業では、データ分析や意思決定をするための製品・ソリューションを現場主導で導入していると言われています。一方で、「導入したものの成…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

BI/ 使える!「BIツール」選び6つのポイント」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「BI/ 使える!「BIツール」選び6つのポイント」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30003256


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ