使える!「BIツール」選び6つのポイント

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗できないアナタを応援します IT製品選び方ガイド

使える!「BIツール」選び6つのポイント

2009/10/05


 蓄積したビジネスデータを有効に活用することは、思ったより難しいものだ。莫大なコストをかけ、いち早くBIツールを導入した企業でも使いこなすことができず、無駄な投資に終わってしまったというケースも少なくない。しかし最近では比較的安価で、しかも直感的な操作でBIを実現することができるツールも登場してきている。過去の過ちに学び、進歩した今日のBIツールを正しく理解して、自社にとって最適なBIツールを選択することが大切だ。ここではBIツール製品を選ぶ際のポイントについて、具体的な例をあげながら紹介していこう。また、BIツールの基礎知識については「IT製品解体新書」で紹介しているので、そちらも参考にしていただきたい。

BI

※「BI/使える!「BIツール」選び6つのポイント」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「BI/使える!「BIツール」選び6つのポイント」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

BIの基礎解説へ


1

BIツール選び6つのポイント

  1990年代以降、データ活用の重要性にいち早く気づいた企業はBIツールの導入に踏み切った。しかし、BIを実現するためには、複数のツールを組み合わせねばならず、ツール群のライセンス費用に加えて、それらを構築するのに予想以上の資金を投じなければならなかった。また、ツールを使用するには特別なトレーニングを受けなければならず、実際に思うように使うことができなかった。やがて、BIツールのうちの一部の機能しか使われなくなり、使用しているのもごく一部の社員だけになってしまったという過去がある。そのような失敗をしないためには最適なBIツールを選ぶことが大切だ。ここでは以下の6つのポイントで、BIツールの選択ポイントを紹介する。

Point1: 

目的を明確にしよう

Point2: 

誰が使うのか明確にしよう

Point3: 

メインのシステムはどこの製品か

Point4:

きちんとしたサポート体制は提供されるか

Point5:

周辺テクノロジーといかに連携できるか

Point6:

スモールスタートが可能であるか

Point1

目的を明確にしよう

 BIは非常に広い範囲に適用できるため、目的を明確にすることが重要となる。どんな情報を見える化したいのか、見える化し、データ分析を行って、結果としてどのようなアクションにつなげたいのか。その本当の目的を明確にすべきだろう。例えば、ただ単に分散してしまっているデータをまとめて1つの表やグラフにしたいというだけであれば、SaaSなどで提供されている安価な「レポーティングツール」だけでも対応することができる。一方、リアルタイムで様々なデータを分析し、全社的にそれを利用した営業活動を行うといった場合は、多少資金を投入してでも高機能な統合BI製品を導入した方が良い。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

BI/使える!「BIツール」選び6つのポイント」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

BI」関連の製品

データ分析ソリューション(NECの提供するデータサイエンス) 【NEC】 情報漏洩対策+資産管理ツール MaLion 5 【インターコム】 intra-mart Accel Platform 【NTTデータ イントラマート】
データ分析ソリューション IT資産管理 グループウェア
NECの専門部隊による的確なビッグデータ分析を実施し、有用な情報活用を支援するソリューション。売上拡大・コスト削減へ貢献し、新たなビジネス価値を創出する。 情報漏洩対策とIT資産管理・SAMを網羅したクライアントPC運用管理ソフト。充実した操作監視・制限機能や管理者負担の軽減に配慮した導入・運用支援機能が特長。 JavaEEフレームワークをベースにワークフロー/ポータル/アクセスセキュリティ/モバイルなど業務コンポーネントを揃えたシステム共通基盤/PaaS。ハイブリッドクラウド対応。

BI」関連の特集


ミック経済研究所によると、2007年度は21.6%増と高い伸びが予想されるETLパッケージシェアをご…



Webログやセンサなどの膨大な非構造化データを収集、分析して企業活動に役立てる“ビッグデータ活用”が…



「SDSってどんなシーンで使えるの!?」「1つのベンダがいくつもSDS製品を提供してるけど何が違うの…


BI」関連のセミナー

BIツール・BOARD無料体験セミナー 【日本ラッド】  

開催日 2月2日(木),2月9日(木),2月16日(木),2月23日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

初めてBIツールを検討される方へ求めているBIツールが見つからない方へ既存のBIツールにご満足されていない方へBIツール・BOARDを使って、もっと自由に!もっ…

BINET戦略セミナー「IoTおもてなしクラウド事業の動向」 【ビジネスインテリジェンスネットワーク】  

開催日 2月9日(木)   開催地 東京都   参加費 有料 2万8080円(税込)

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会及び大会以降の我が国の持続的な成長を見据えた社会全体のICT化の推進に向け 、総務大臣が主宰する 「2020年…

使いやすさを実感!LaKeel BI製品体験 無料セミナー 【レジェンド・アプリケーションズ】  

開催日 1月20日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

「使える」から、「使いこなせる」へ。LaKeel BIは、シンプルな操作性、豊富なテンプレート、徹底したサポートによって、「誰でも、簡単に使いこなすことができる…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

BI/ 使える!「BIツール」選び6つのポイント」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「BI/ 使える!「BIツール」選び6つのポイント」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30003256


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ