この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

ラックマウント型サーバ

2009/07/21


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、ノークリサーチの情報を元に、ラックマウント型サーバのシェア情報をご紹介しよう。

※「ラックマウントサーバ/「ラックマウント型サーバ」シェア」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ラックマウントサーバ/「ラックマウント型サーバ」シェア」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

ラックマウントサーバの選び方ガイドへ
ラックマウントサーバの基礎解説へ

 ノークリサーチの調べによれば、2008年度のラックマウント型サーバ市場は、台数シェアで外資系ベンダの優勢が目立った。28.7%で1位の日本HPは、充填率の高い新モデル投入などの施策を講じており、2007年度に続き首位を堅持した。2位には国産勢のNECが続き、2007年度の24.3%から25.8%へシェアを伸ばして日本HPとの差を縮めた。充填率の高いハーフラックサーバの安定的な需要が功を奏していると考えられる。
 3位のデルも22.0%から23.5%に増加した。4位には、富士通が前年から微減の14.5%で続いている。5位の日本IBMは上位3社との差が依然として大きいものの、10.8%から12.9%へと伸ばした。デルや日本IBMは仮想化用途を意識したスペック強化を続けており、大企業を中心としたサーバ統合ニーズを掴んだことがシェア増加要因の1つと考えられる。
 更改需要時のタワー型からラック型への移行は依然続いており、ブレードの伸びも緩やかになってきたことから、ラック型サーバの全形状に占める比率は徐々に高まりつつある。このため、ラック型での台数シェアが全体の台数シェアに及ぼす影響は大きい。
 ある程度標準化が進み筐体スペースも限られたラック型サーバは、タワー型やブレードに比べ一目でわかる差別化を施しにくい。今後は本体スペックに加え、仮想化環境を見据えた付属の運用管理ツールといったソフト面も台数シェア獲得の重要な差別化要因になってくると予想される。

ラックマウント型サーバシェア

ラックマウント型サーバシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

ラックマウントサーバ/「ラックマウント型サーバ」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ラックマウントサーバ」関連情報をランダムに表示しています。

ラックマウントサーバ」関連の製品

FortiGate 【図研ネットウエイブ】 RADIUSアプライアンスサーバ シリーズ 【インフィニコ】 コンソールサーバー SmartCS NS-2250 【セイコーソリューションズ】
UTM 認証 サーバー管理
ファイアウォールをはじめとした多彩なネットワークセキュリティを単一のアプライアンスで提供。独自開発プロセッサによる最高水準の性能と高コストパフォーマンスを両立。 Made in JAPANの省電力RADIUSアプライアンスサーバ。シリーズ全製品が異拠点間での冗長構成が可能。多様な認証方式、IPv6に対応。外部AD連携機能標準搭載モデルも用意。 SmartCSは、サーバーやネットワーク機器のコンソールポートを統合・収容し、ネットワーク障害発生時にも確実に対象機器へアクセスできるライフラインの構築を容易にする。

ラックマウントサーバ」関連の特集


東日本大震災で電力不安を体験した企業の多くは「UPS(無停電電源装置)」の見直しを図った。あれから数…



突発的なアクセス急増で悲鳴を上げるサーバに、あなたは何をしてあげられる?サーバ負荷を軽減するための具…



東日本大震災や続く電力不足、計画停電をきっかけに“企業システムへの電力供給”の重要さを実感した方も多…


「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ラックマウントサーバ/ 「ラックマウント型サーバ」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ラックマウントサーバ/ 「ラックマウント型サーバ」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30003244


IT・IT製品TOP > サーバー > その他サーバー関連 > その他サーバー関連の市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ