この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    近藤 潤一
    Junichi Kondo
    (独)情報処理推進機構(IPA) 情報セキュリティ認証室 次長
    2004年1月より(独)情報処理推進機構(IPA)勤務。IPAセキュリティセンターで暗号モジュール試験及び認証制度の立ち上げ準備に従事し、2007年4月より正式運用を開始。
2009/06/16
暗号モジュール試験及び、認証制度

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「暗号モジュール試験及び、認証制度」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


暗号技術/暗号モジュール試験及び、認証制度」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号技術」関連情報をランダムに表示しています。

暗号技術」関連の特集


 「暗号」と「2010年」の2つのキーワードから連想するものと言えば、「暗号の2010年問題」であろ…



無線LANの最新技術「MIMO」から近距離無線「UWB」、中距離無線「WiMAX」など、現在規格化が…



IP-VPNとの違いや仕組みなど「インターネットVPN」を徹底解説!最近の“至れり尽くせり”のサービ…


「暗号化」関連の製品

セキュリティUSBメモリ作成ソフト InterSafe SecureDevice 【アルプス システム インテグレーション】 ファイルの暗号化と閲覧停止 秘文 Data Protection 【日立ソリューションズ】 ドキュメント保護「活文 Document Rights Manager」 【日立ソリューションズ】
暗号化 暗号化 暗号化
・汎用のUSBメモリを、管理コンソールでカスタマイズしてセキュリティ機能をつけたものに変換。
・USBメモリの有効期限超過時にはデータの破棄機能も搭載。
ファイルの暗号化と社外に渡した後でも閲覧停止にできる機能で、情報の不正利用や拡散を防止。
流出の予兆を自動的に検知する機能やファイルの編集禁止機能も搭載。
情報の保管・利用場所に依存せず、不正利用を防止する。文書が流出しても権限がなければ閲覧できないだけでなく、文書を後から失効することで、万が一の事後対策が可能。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30003231


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ