暗号技術の世代交代 「2010年問題」とは

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    近藤 潤一
    Junichi Kondo
    (独)情報処理推進機構(IPA) 情報セキュリティ認証室 次長
    2004年1月より(独)情報処理推進機構(IPA)勤務。IPAセキュリティセンターで暗号モジュール試験及び認証制度の立ち上げ準備に従事し、2007年4月より正式運用を開始。
2009/06/02
暗号技術の世代交代 「2010年問題」とは

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「暗号技術の世代交代 「2010年問題」とは」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


暗号技術/暗号技術の世代交代 「2010年問題」とは」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号技術」関連情報をランダムに表示しています。

暗号技術」関連の特集


 前回までの「“データベース暗号”は本当に必要なのか?」では、データベース暗号の触りと法制面、ガイド…



情報漏洩対策をしていないPCが悪意のある者に渡ったら…。そうなる前に社外持ち出し時のルール策定や保護…



 前回はクラウド暗号化技術のご説明の下準備として、従来の暗号技術の説明、特にハードウェア暗号処理の重…


「暗号化」関連の製品

個人情報検出・管理ソフト 「PCFILTER」 【Jiransoft Japan】 payShield HSM ファミリー 【タレスジャパン】 ファイルの暗号化と閲覧停止 秘文 Data Protection 【日立ソリューションズ】
暗号化 暗号化 暗号化
マイナンバーや個人情報などの重要情報を含むファイルをPCやネットワークドライブから素早く見つけ出し、適切な対処と情報管理を行う。ソフトウェアのほか、SaaSでも提供。 カード発行・決済取引に特化したアプリケーションと組み合わせて利用するHSM。国際ブランドはもちろんEMV・PCI・Global Platformなど金融関連のセキュリティ標準を満たす。 ファイルの暗号化と社外に渡した後でも閲覧停止にできる機能で、情報の不正利用や拡散を防止。
流出の予兆を自動的に検知する機能やファイルの編集禁止機能も搭載。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30003227


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ