この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

国内ワークステーション

2009/06/30


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、IDC Japanの情報を元に、国内ワークステーションのシェア情報をご紹介しよう。

 IDC Japanの調べによれば、2008年の国内ワークステーション(WS)出荷台数は、6年ぶりのマイナス成長となる前年対比4.0%減の24万9000台、出荷金額は10.4%減の581億円となった。第1四半期に高収益を記録した企業が製造業で多く、それに応じてWSへの投資も伸びるなど、第1/第2四半期はそれぞれの四半期としては過去最高の出荷台数となった。しかし、下半期には経済環境の変化を受けて購入を先延ばしする企業が増え、出荷が落ち込んだ。また、CADオペレータなどWSを使用する労働者も含めた人員の削減により、従来は堅調であった更新需要が減少したことも、出荷台数悪化の一因とみられる。
 市場占有率(出荷台数ベース)を見ると、日本HPが34.0%で初の1位となった。2008年はレノボ・ジャパンがデスクトップWSに参入し、逆に日本IBMが撤退した。顧客層や販売方法が撤退したIBMに似ている日本HPがそのシェアを引き継ぎ、1位を獲得したとみられる。前年まで1位であったデルは30.2%で2位となった。3位にはNECが23.1%で続き、上位3社による寡占化が進んでいる。なお、主にUNIXを搭載したトラディショナルWSでは、すべてのベンダが2008年中に市場から撤退した。
 2009年の出荷台数は2008年以上に落ち込み、需要が本格的に回復するのは2010年半ば以降になるとみられる。2008年から2013年の出荷台数の年間平均成長率はプラス2.2%となり、2013年の出荷台数は27万7000台と予測される。

国内ワークステーションシェア

国内ワークステーションシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

ワークステーション/「国内ワークステーション」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ワークステーション」関連情報をランダムに表示しています。

ワークステーション」関連の製品

限られた空間に演算能力を凝縮する NeXtScale System 【レノボ・ジャパン株式会社】 FlexNet Manager Suite for Enterprises 【フレクセラ・ソフトウェア】 クライアント管理ソフト ManageEngine Desktop Central 【ゾーホージャパン】
Windows IT資産管理 IT資産管理
ハイエンドな3DCG制作で、舞台裏を支えるITインフラの正体 資産活用の最大化、コストの最小化、ライセンスコンプライアンスの遵守を実現できる企業向けソフトウェアライセンス管理・最適化ソリューション。 Windows、Macに対応した統合クライアント管理ソフト。パッチ・サービスパック配布、IT資産管理、リモートコントロール、USB制御などが可能。

ワークステーション」関連の特集


ヒト型ロボットも、発想の転換でこんなに現実的に!?アニメや漫画のキャラクターが実体を持つ日も遠くない…



2013年度、2億円と見込まれる同市場。大学や企業で利用される古いワークステーションなど根強い需要が…



インテルのEM64TもしくはAMDのAMD64を採用したCPUを搭載するPCサーバ「64ビットPCサ…


「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ワークステーション/ 「国内ワークステーション」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ワークステーション/ 「国内ワークステーション」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30003223


IT・IT製品TOP > PC > その他PC関連 > その他PC関連の市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ