この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    竹内 斎之郎
    Seishiro Takeuchi
    (独)情報処理推進機構(IPA) セキュリティセンター調査役
    国内のコモンクライテリア認証制度普及の取組み担当。新日本製鐵(株)入社後、計装システム設計、画像処理・パターン認識装置開発、STEP(ISO10303)などFA分野のIT技術を経験したのち現業務に携わる。
2009/05/19
国際的なセキュリティレベルの共有

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「国際的なセキュリティレベルの共有」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


コモンクライテリア/国際的なセキュリティレベルの共有」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「コモンクライテリア」関連情報をランダムに表示しています。

コモンクライテリア」関連の特集


 前回は、第三者評価の必要性と評価に用いられるセキュリティ評価基準について述べたが、今回はそのセキュ…



 前回までは、ソフトウェアベンダとしての製品のセキュリティ確保への取り組み、コモンクライテリアなどの…



 前回は、ソフトウェアベンダとして必要なセキュリティ文化にフォーカスし、社会インフラの中核を担うIT…


「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の製品

アンチウイルスだけには頼れない、最新ランサムウェアに対する対処法は? 【Ivanti Software】 「デジタルワークスペース」が安全な働き方改革を実現する道筋 【ヴイエムウェア+他】 超高速秘密分散ソリューション 「SYMPROBUS Divide API」 【アクモス】
その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連
アンチウイルスだけには頼れない、最新ランサムウェアへの対処法は? 働き方改革を機にリモートワークを導入する企業が増えつつあるが、ここでも課題となるのがセキュリティ対策だ。リモートワークの利便性とセキュリティを両立する手法とは。 電子ファイルを解読不能な断片に超高速で分散するクラウドAPIサービス。暗号化とは異なり、断片ファイルが漏えいしても解読は不可能。DR対策や複数人認証にも応用できる。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の特集


発見が難しい情報の「盗聴」被害。ウォー・ドライビング、パケットスニッフィングなどの盗聴手段を紹介、対…



 前回までは、セキュリティを確保するためのソフトウェアベンダの役割と、コモンクライテリアを例としたセ…



暗号化ツールと併用することで、いまよりさらに情報漏洩対策を強化できる「電子割符」。これから導入を検討…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30003219


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ