セキュリティの新指針 コモンクライテリア

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    竹内 斎之郎
    Seishiro Takeuchi
     (独)情報処理推進機構(IPA)  セキュリティセンター調査役
    国内のコモンクライテリア認証制度普及の取組み担当。
    新日本製鐵(株)入社後、計装システム設計、画像処理・パターン認識装置開発、STEP(ISO10303)などFA分野のIT技術を経験したのち現業務に携わる。
2009/05/12
セキュリティの新指針 コモンクライテリア

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「セキュリティの新指針 コモンクライテリア」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


コモンクライテリア/セキュリティの新指針 コモンクライテリア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「コモンクライテリア」関連情報をランダムに表示しています。

コモンクライテリア」関連の特集


88もの仮想サーバが“数分”で削除、しかも遠隔地から攻撃された例も?仮想化環境で拡大する外部/内部の…



 前回までは、ソフトウェアベンダとしての製品のセキュリティ確保への取り組み、コモンクライテリアなどの…



 今回はコモンクライテリア(Common Criteria:以後CCと呼ぶ)に対する、政府機関やIT…


「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の製品

接続先ネットワークの制限/デバイスの利用禁止 秘文 Device Control 【日立ソリューションズ】 深刻なセキュリティ技術者不足を解消する、富士通の社内育成とは 【富士通】 クラウド型セキュリティサービス InterSafe GatewayConnection 【アルプス システム インテグレーション】
その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連
デバイスやWi-Fiの利用を制限し、エンドポイントからの情報漏洩を防止。
スマートフォン、USBメモリなど様々なデバイスの利用を制限。
Wi-Fi制御、VPN利用の強制機能も搭載。
深刻なセキュリティ技術者不足をどう解消する? 富士通が実践する社内育成とは クラウドゲートウェイで多層防御を実現するWebセキュリティサービス。振る舞い検知を含む脅威インテリジェンスを活用した通信遮断とWebフィルタリングをクラウドで提供。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の特集


 前回までは、TRMで提供している技術要件の内容について述べた。今回は、TRMの活用と技術戦略につい…



 昨今、石油関連企業や国際的金融機関、米国のインターネット関連企業やセキュリティ企業を標的とした攻撃…



データを分割することで情報漏洩リスクを軽減できる「電子割符」。どんな仕組みなのか、その基礎知識から最…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30003217


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ