この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    小松 優介
    Yusuke Komatsu
    トレンドマイクロ株式会社 Senior Threat Research Engineer
    2007年に設立されたThreat Monitoring Centerにて、国内の脅威動向の監視・調査業務に携わり、主にP2Pネットワーク上の不正プログラムの収集活動を行う。現在は、顧客向け脅威分析レポートの作成に携わる。
2009/05/26
USBワーム 「WORM_AUTORUN」とは?

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「USBワーム 「WORM_AUTORUN」とは?」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


USBワーム/USBワーム 「WORM_AUTORUN」とは?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「USBワーム」関連情報をランダムに表示しています。

USBワーム」関連の特集


 前回はオフライン端末のセキュリティ対策ソリューション、「Trend Micro Portable …



 前回は、典型的なWebからの脅威である「Gumblar攻撃」を紹介したが、このような攻撃からの被害…



 前回は、事務所とパソコンについてお話ししましたが、今回も引き続き「企業・組織における最低限の情報セ…


「アンチウイルス」関連の製品

Symantec Endpoint Protection Small Business Edition 2013 【ソフトバンク コマース&サービス】 AIがウイルス対策ソフトの限界を超える 未知の脅威を防ぐ技術 【富士通】 機械学習やAPIで強化された「エンドポイントセキュリティ」の現在形とは 【シマンテック】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
クラウド型の管理機能によって、全てのデスクトップ、ノートパソコン、サーバに必要な保護を容易に導入・運用可能なエンドポイントセキュリティ。 1日に100万を超える新種が誕生? マルウェアの脅威を検知する最新技術とは あらゆる企業がサイバー攻撃の標的となる中、情報漏えいなどの実害を防ぐためには、従業員の手元にあるエンドポイントの保護が重要になるという。その理由と対策とは。

「アンチウイルス」関連の特集


 前回までは、セキュリティパッチの適用状況や情報セキュリティ対策の実施状況を見てきたが、今回は、ウイ…



 前回は、Mac OS XのマルウェアであるFlashfakeの感染被害について触れた。第3回の本稿…



 前回は不正プログラムの増加傾向と、Webからの脅威の事例を紹介したが、今回はパターンマッチング方式…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30003215


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ