この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

WAN高速最適化ツール

2009/06/02


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、アイ・ティ・アールの情報を元に、WAN高速最適化ツールのシェア情報をご紹介しよう。

※「WAN高速化/「WAN高速最適化ツール」シェア」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「WAN高速化/「WAN高速最適化ツール」シェア」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

WAN高速化の選び方ガイドへ
WAN高速化の基礎解説へ

 アイ・ティ・アールの調べによれば、2008年度のWAN高速最適化機器市場は、出荷金額ベースで43億円、前年対比26.5%増と、大幅な伸びを示している。
 2008年度の市場占有率(出荷金額ベース)を見ると、WAN高速最適化機器の専業ベンダであるリバーベッドテクノロジーが、大きく売上を伸ばして2位以降との差を広げ、シェア27.9%で首位の座を維持している。2位にはシスコシステムズが11.6%で続き、3位にはNECとジュニパーネットワークスが同率の10.5%で並んでいる。また、5位にはF5ネットワークスが5.8%で続いている。
 データセンタの統合化にともない、遠隔地間のデータ転送量は増加傾向にある。また、国内企業はWAN高速最適化機器をデータセンタ間でのリカバリ用途で活用することが多く、BCP(事業継続計画)のような経営上の重要施策は景気低迷状況下でも実施される可能性が高いため、2009年度もWAN高速最適化機器の需要は高い伸びを示すとみられる。

WAN高速最適化ツールシェア

WAN高速最適化ツールシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ

WAN高速化/「WAN高速最適化ツール」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「WAN高速化」関連情報をランダムに表示しています。

WAN高速化」関連の特集


遠隔地間の通信が可能な背景には、通信事業者が提供するネットワーク「WAN」がある。各種WANサービス…



広域イーサや検疫ネットでも使われるVLAN。代表的な4つの方式を特長交えて徹底解説!便利なVLAN、…



待望のネットワーク講座がいよいよ開講!今回は通信ネットワークの基本的な仕組みを詳しく解説。資格試験問…


「WAN高速化」関連の特集


基本機能、導入検討の際の盲点など、イチからきっちり解説します。サーバ統合時には欠かせないツールとなり…



従来WAN高速化ツールが担ってきたような長距離通信の高速化を、ソフトウェアだけで実現する新プロトコル…



WANを高速化したい時、最近はWANサービスも安くなってきたし、回線を増速すれば良い話、と思っていま…


「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

WAN高速化/ 「WAN高速最適化ツール」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「WAN高速化/ 「WAN高速最適化ツール」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30003211


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > WAN高速化 > WAN高速化の市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ