感染手法が進化している!「WORM_DOWNAD」

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    小松 優介
    Yusuke Komatsu
    トレンドマイクロ株式会社 Senior Threat Research Engineer
    2007年に設立されたThreat Monitoring Centerにて、国内の脅威動向の監視・調査業務に携わり、主にP2Pネットワーク上の不正プログラムの収集活動を行う。現在は、顧客向け脅威分析レポートの作成に携わる。
2009/05/19
感染手法が進化している!「WORM_DOWNAD」

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「感染手法が進化している!「WORM_DOWNAD」」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


アンチウイルス/感染手法が進化している!「WORM_DOWNAD」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

アンチウイルス」関連の製品

情報セキュリティSDK CYREN 【Jiransoft Japan】 マルチエンジン型ウイルス対策ソフトウェア 「Metascan」 【ネクスト・イット】 標的型攻撃対策・メール無害化ソリューション 【サイバーソリューションズ】
アンチウイルス アンチウイルス メールセキュリティ
多数のグローバル企業で導入されている、アンチスパム、アンチマルウェア、URLフィルタリング、IPレピュテーションなどのセキュリティ機能を利用するための開発キット。 最大30種類のウイルススキャンエンジンを動作させ、マルウェアの検出率を最大限に高めたウイルス対策ソリューション。インターネット接続ができない閉環境でも使用が可能。 標的型攻撃を阻止する新たな手法「インターネット分離」と「メールの無害化」。
セキュリティリスクを最小限に抑え、業務効率を損なわないメール無害化ソリューション。

アンチウイルス」関連の特集


 企業やユーザがウイルス対策ソフト、エンドポイントセキュリティ製品を導入する上では、様々な基準で製品…



リモート環境をセキュアに構築することができる「SSL-VPN」。アクセス制御やシングルサインオン、ク…



 前回は、Mac OS XのマルウェアであるFlashfakeの概要に触れた。第2回の本稿ではFla…


アンチウイルス」関連のセミナー

【徹底解説】McAfeeの次世代エンドポイントセキュリティの全貌 【テクマトリックス/マカフィー】 注目 

開催日 9月7日(木),9月27日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

【好評につき追加開催決定!】サイバー犯罪の市場規模は今や約100兆円とも言われており、世界中で一日に数十万個のマルウェアが新たに出現しているというデータもありま…

高度化するサイバー攻撃から会社を守れ!セキュリティ対策セミナ 【ディーアイエスソリューション/エムオーテックス/Cylance Japan/シスコシステムズ】 注目 

開催日 9月22日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

【小さな会社のIT担当者のためのセキュリティの常識】の執筆者、船井総合研究所の那須慎二氏登壇決定!・何故サイバー攻撃とそれによる被害は増え続けているのか。これか…

働き方の多様化とセキュリティ向上を両立するVDI実践セミナー 【ディーアイエスソリューション/日本ヒューレット・パッカード/ヴイエムウェア/ゲイトウェイ・コンピュータ】 締切間近 

開催日 8月29日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

〜働き方改革の実践・最新の脅威に対し、有効なITシステムと運用の最適解をご提示します〜昨今、企業側には社員への多様な働き方の実現を強く求められる反面、情報漏えい…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30003210


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ