この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

文書管理ツール

2009/05/26


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、富士キメラ総研の情報を元に、文書管理ツールのシェア情報をご紹介しよう。

※「文書管理/「文書管理ツール」シェア」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「文書管理/「文書管理ツール」シェア」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

文書管理の選び方ガイドへ
文書管理の基礎解説へ

 富士キメラ総研の調べによれば、文書管理ツールは、既に大手企業での導入は一巡しており、市場はセキュリティ強化やワークフロー機能/ライフサイクル管理機能を追加した製品などへのリプレース需要へと移行している。2008年の市場規模は前年対比16.5%増の148億円と見込まれ、その後2012年まで約10〜15%増を続けると予測される。 大手企業では今後、全社的な導入/一元管理を目的としたECM(エンタープライズコンテンツマネジメント)への需要が高まると予想されるが、企業内の組織や体制、コスト面が課題となり、導入は足踏みが続いている。一方、中堅中小企業では、コスト的な問題から、ファイルサーバやグループウェアによる文書共有で留まっている。そこで一部ベンダは複合機を文書管理のインターフェースとして位置づけ、セット販売で中小企業向けの導入を促進している。 市場占有率(金額ベース)を見ると、複数製品からユーザの環境に合わせた提案をおこなっている複合機ベンダが、15%強で1位を獲得した。また同社は、情報システム部門を窓口とした全社的な導入を増加させている。2位には、基幹システムと連携させたソリューションによる導入を増加させたベンダが9%台で続いている。3位で8%台のベンダは、基幹系システムのリプレース時に文書管理の導入を進めており、J-SOX法への対応も進めたことで実績を拡大させている。

文書管理ツールシェア

文書管理ツールシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ

文書管理/「文書管理ツール」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

文書管理」関連の製品

システム設計専用ツール「Verasym System Designer(VSSD)」 【第一コンピュータリソース】 Trinity(トリニティー) 【Zero Divide】 ASTRUX 2.0 SaaS 【ソフトバンク コマース&サービス】
開発ツール 文書管理 文書管理
システム開発における要件定義、外部・内部設計などシステムの設計を行う専用ツール。ドキュメントごとに専用インタフェースが用意されており効率よく設計作業を行える。 ●「IBM i」(System i、AS/400)で開発されたソフトウェアのメンバーソースから設計書を自動作成。
●作成以外にも管理/閲覧/編集、システム分析、自動更新までの機能を提供。
企業における一般文書からISO文書や記録などの運用・管理をWebベースに一元管理し、 オフィスにおける文書管理に関わるさまざまな業務を効率化するSaaS型文書管理システム。

文書管理」関連の特集


文書管理ツールは4割が導入済み。しかし、課題は山積? 読者の声を聞いた。



多くの帳票を電子化し業務の効率化を推進する「電子帳票システム」。基本機能から最新動向までを、わかりや…



「ワークフローを他ツールと連携し業務効率化を図りたい!」そんな企業に応え、連携効果の高いツール・シス…


文書管理」関連のセミナー

実践事例で語る働き方改革 【ウイングアーク1st】 注目 

開催日 9月14日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

労働時間の削減などの「働き方改革」が叫ばれる中、多くの企業はさらなる業務効率化と生産性向上の壁に直面しています。本セミナーでは、紙の電子化によって従来の業務を改…

Microsoft Office 365を使いたおす/東京 【ネクストセット】  

開催日 9月13日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

「クラウドを導入したいが何を選べばいいのか?」「Office 365とG Suite(旧名:Google Apps) は何が違う?」グループウェア、メールシステ…

事例から学ぶ!図面の共有を促進しながら外部流出を防ぐ方法とは 【オーシャンブリッジ】  

開催日 9月15日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

独自のノウハウや重要な技術情報が含まれるファイルを、国内拠点のみならず取引先や海外拠点にもスムーズに共有することが求められていますが、情報漏えいや二次利用を心配…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

文書管理/ 「文書管理ツール」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「文書管理/ 「文書管理ツール」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30003208


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理の市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ