この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

RFIDリーダ・ライタ

2009/04/28


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、富士キメラ総研の情報を元に、RFIDリーダ・ライタのシェア情報をご紹介しよう。

 富士キメラ総研の調べによれば、2008年のRFIDリ−ダ・ライタ市場は、13.75万台(前年対比9.1%増)、128.5億円(前年対比10.8%増)の市場となった。製造や物流などで堅調に市場を拡大させているが、小規模での利用が主流であり、流通/販売/サービス分野などでの導入が期待ほど進んでいないことから、当面微増での推移が予想される。
 活用が先行したHF帯製品が市場を牽引してきたが、2006年末からUHF帯製品の市場も立ち上がりつつある。2007年はユーザがラインアップの充実を待つかたちとなったが、2008年から試験導入を増加させている。2011年以降には、UHF帯システムで利用する周波数帯の見直しが行われる見通しであることから、今後の市場拡大が期待されている。
 市場占有率(数量ベース)を見ると、先駆けて市場に参入したベンダが、40.0%のシェアで1位を獲得した。2位には、組込型を中心にビジネスを展開しているベンダが16.7%で続いている。また近年では、特にUHF帯を中心に海外製品の導入が進んでおり、大幅な小型化に成功したUHF帯製品などが登場している。HF帯RFIDでは、組込型製品などをユーザが購入し、自作するケースも見られる。
 携帯型リーダ・ライタでは、自由度の高いオープンOSを用いた製品も数多く登場している。端末で処理する業務/データの増加を見越したPDA型製品も登場しており、市場拡大が期待される。

RFIDリーダ・ライタシェア

RFIDリーダ・ライタシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ

RFID/「RFIDリーダ・ライタ」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「RFID」関連情報をランダムに表示しています。

RFID」関連の製品

ハンズフリー認証システム ACCURANCE-TAG(アキュランスタグ) 【オプテックス】
入退室管理システム
ハンズフリーでのスムーズな通行動線を確保しつつ、無駄開きによるセキュリティ性の低下を防止。利便性とセキュリティ性の両立を実現したハンズフリー認証システム。

RFID」関連の特集


東北のIT企業に震災の教訓を学ぶシリーズ第二弾。今回のポイントは、安否確認における声の重要性と外部に…



ビジネスパーソンに必須の名刺。その保管や活用方法は昔から悩みの種…。重い名刺ファイルを営業に持参して…



ビルへの入館を制限するだけにとどまらない「入退室管理システム」。外部からの侵入を防ぐだけでなく、内部…


「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

RFID/ 「RFIDリーダ・ライタ」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「RFID/ 「RFIDリーダ・ライタ」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30003205


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > その他基幹系システム関連 > その他基幹系システム関連の市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ