この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載日 2009/07/31
金曜Blackピット 〜世界の“記念日”つまみ食い編〜

登人物紹場介

金曜Black★ピット!気になるその登場人物をちょっとだけご紹介します♪
ブラックピット

ブラックピット

NAME

ブラックピット(本名非公開)

AGE

36(独身)

所属

某企業SE(今年で6年目)

その他

昔レーサーに憧れ、夢見ていたが断念した経歴を持つ。(中学生の時にゲームセンターのレーシングゲームで全国1位を取り、なんとなく自分ならイケる気がしてしまった。)愛車は黒のスカイライン。憧れはGTR。車とF1観戦が趣味。笑いはもっぱらシュールなネタが好き。

後輩P

後輩P

NAME

後輩P(本名:ピーター・貴)

AGE

26

所属

社会人2年目に突入

その他

日本人の父とアメリカ人の母を持つバイリンガル。留学経験&大学院卒で、自他共に認めるインテリ。 何をやらせてもサクッとこなしてしまうため、頼もしい反面、先輩的には焦らされる存在。でも本人はいたってマイペース。愛車のプリウス(父からのプレゼント)で週末はドライブを楽しむ。

記念日-Today 走る”国有オアシス”誕生の日!
Special Day
 今から39年前の今日、つまり1970年の7月31日は、国鉄(現在のJR)山手線103系に初めて冷房車が登場した日。既に私鉄の通勤電車には冷房を取り付けたものが出ていて、サービスの格差を改善するために試験的に導入されたのが最初だった。国有鉄道ということもあってか、最初は幾つかのメーカーの冷房装置をテストして、比較検討したそうだ。

 アツ〜い夏には欠かせない冷房だが、 近代型のエアコンの概念が誕生したのは、1900年代のこと。「冷房の父」と呼ばれるアメリカのウィリス・キャリア氏が、1902年の秋のある日、霧の中で電車を待ちながら、空気を調整する際の基本要素は温度、湿度、通気性、清浄性の4つから成り立っていると気付いたところから冷房機器の製品化を進め、1906年に特許を取得したのだった。

 ちなみに冷房の仕組みは、昔も今も原理としてはほぼ同じ。液体が気体になるときに周りの熱を奪っていく気化熱を利用している。注射でアルコール消毒をすると、肌がスッとする、あの現象だ。少し前までのエアコンでは、フロンが液体から気体になる時の気化熱を利用していた。しかし、オゾン層を破壊する、地球温暖化を促進するといった理由から、現在ではフロンの代わりに使われるようになった代替フロンにも、利用に制限がかけられたり回収が義務付けられていたりする。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

金曜Black★ピット/ 走る”国有オアシス”誕生の日!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「金曜Black★ピット/ 走る”国有オアシス”誕生の日!」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「金曜Black★ピット」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、ニュース内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30003182



このページの先頭へ
噂のIT都市伝説

キーマンズネットとは

ページトップへ