仮想環境はどうする?バックアップ選択術

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗できないアナタを応援します IT製品選び方ガイド

仮想環境はどうする?バックアップ選択術

2009/09/14


 バックアップツールの歴史は古く、基本的な機能についてはすでに枯れている製品だといえる。そのため、これまで利用してきた企業では、新たに製品選定が必要になった場合でもバックアップを行う作業者の慣れや好みに依るところも少なくないようだ。ただ、最近は仮想環境が企業の基幹系に利用され始めたことで、仮想環境に対するバックアップニーズが増えている状況だ。また、データの効率的な管理のための重複排除技術など新たなトレンドも生まれている。そこで改めて、バックアップツール選びの勘所について触れてみたい。製品の基本機能などについては「IT製品解体新書」で解説しているので、そちらもぜひ参考にしていただきたい。

バックアップツール

※「バックアップツール/仮想環境はどうする?バックアップ選択術」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「バックアップツール/仮想環境はどうする?バックアップ選択術」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

バックアップツールの基礎解説へ


1

バックアップツール選択のポイント

Point 1

OS、アプリケーション、ハードウェアの対応状況は必要不可欠

 データ保護の対象となるサーバは企業の中で増え始め、サーバそのものを統合する動きと相まって、新たにバックアップ環境を見直す機会もあるだろう。いずれ検討しなければならないのは、拠点を含めた複数の環境でデータ保護を行うための、統合的なバックアップ環境の導入だ。人海戦術で各拠点を回ってサーバのバックアップを行うには限界があり、複数のバックアップサーバを統合的に管理する仕組みは念頭に置いておきたい。
 そこで見ておきたいのが、OSやアプリケーション、SANディスクやRAID装置などハードウェアに対する対応状況だ。いずれ迎える統合環境に向けて、柔軟な対応が可能な製品は当然欲しいところ。特に新たなOSが出るたびに対応が進むバックアップツールでも、アプリケーションやハードウェアに対してはばらつきがある。アプリケーションの場合、高速化のためにメモリ上にバッファを残すなどディスク以外の部分でもデータの整合性を取る必要がある。対応状況は適宜チェックしたい。ストレージとの親和性を高めるため、バックアップツール側でAPIを提供し、対応を進めている製品もある。

図1 ライブラリ選択画面
図1 ライブラリ選択画面
対応済みのデバイスが写真で表示される製品もある。
(資料提供:バックボーン・ソフトウエア)

+拡大

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

バックアップツール/仮想環境はどうする?バックアップ選択術」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

バックアップツール」関連の製品

イメージバックアップ/リカバリー ActiveImage Protector 2016 -RE 【ラネクシー】 ハイパーコンバージドにおけるバックアップ運用、これが答えだ 【株式会社ネットワールド】 高速バックアップ/リカバリ 「System Recovery」 【ベリタステクノロジーズ】
バックアップツール 垂直統合型システム バックアップツール
稼働中のマシンでも高速・確実にディスク丸ごとバックアップできる。状況に応じて、簡単にディスク全体やファイルをリカバリーでき、さらに仮想化も3ステップで実装可能。 ハイパーコンバージドにおけるバックアップ運用、これが答えだ サーバ、ノートPC、仮想マシンに対応する「高速バックアップ/リカバリソリューション」。Windows Server 2016、SQL 2016など、Microsoft社の最新製品にも対応。

バックアップツール」関連の特集


増え続けるストレージの管理にお困りでは?運用管理コストや電気代などの節約に効く、ストレージを効率よく…



データ保護と障害復旧、長期保管を安価で安全に実現する"テープライブラリ"!ディスクやVTLとの併用術…



重要データの消失、破損に“最後の切り札”となるべきデータ復元サービス業者。ただし、こんな業者には要注…


バックアップツール」関連のセミナー

ActiveImage Protector for Hyper-V Enterprise実践セミナー 【ネットジャパン】  

開催日 11月8日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

Hyper-V仮想環境に最適なバックアップソフト、ActiveImage Protetor Hyper-V Enterpriseは、Microsoft社の仮想化…

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

バックアップツール/ 仮想環境はどうする?バックアップ選択術」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「バックアップツール/ 仮想環境はどうする?バックアップ選択術」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30003155


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ